しゃベルシネマ

世界屈指の名プロデューサーは、意外な人物の息子だった!

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第476回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、9月7日から公開の『ブレス しあわせの呼吸』を掘り起こします。


余命宣告から36年、世界一幸せに生きた男と家族の物語


運命的な恋に落ち、家族や友人から祝福されて結婚したロビンとダイアナは、最高に幸せな日々を送っていた。しかし1959年、ロビンは出張先のナイロビで、ポリオに感染してしまう。首から下が完全に麻痺し、人工呼吸器がなければ息もできない状態となり、医師からは“余命数ヶ月”との宣告を受けることに。

イギリスに戻り、息子が生まれるも絶望の日々を送るロビン。病院を出たいと望む夫のために、ダイアナは医師の反対を押し切って自宅での看病を決意。やがて彼女の決断が、ロビンの運命を大きく変えていく…。


からだに麻痺障害を引き起こすポリオ(急性灰白髄炎)の悲惨さと、障害を抱えながらも懸命に生きる男性の姿を描いた映画『ブレス しあわせの呼吸』。家族とともに笑顔に満ちた幸せな人生を送った実話を映画化した、感動のヒューマンドラマです。


ロビン役には『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでおなじみのアンドリュー・ガーフィールド。演じるには身体面で制約があるロビンというキャラクターを、表情だけの演技で見事に表現。ロビンのダイナミックな半生を体現しています。

一方、妻のダイアナ役にテレビシリーズ「ザ・クラウン」のエリザベス2世役で知られるクレア・フォイ。不屈の魂と洗練された美しさを併せ持つ英国女性を情感豊かに演じています。2人の名演技は、観る人に結婚やパートナーシップという概念を超えた夫婦の結びつきを強く感じさせることでしょう。

監督を務めたのは、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のゴラム役や『猿の惑星』のシーザー役を演じたイギリスの名優、アンディ・サーキス。脚本に惚れ込んだサーキスは自ら監督に志願し、これが長編初監督作となりました。


そして本作のプロデューサーは、ジョナサン・カヴェンディッシュ。『ブリジーット・ジョーンズの日記』を手がけたイギリス映画界を代表する名プロデューサーなのですが、実は彼は本作の主人公であるロビン・カヴェンディッシュの息子なのです。

ジョナサンは長年、自分の両親の人生を映画にしたいと熱望していたとのこと。映画を通じて沢山の感動と笑いを世界中に届けてきたジョナサンにとって、本作は悲願の一本とも言えるでしょう。

ちなみにロビンは、1962年に友人のオックスフォード大学教授とともに、人工呼吸器が付いた車椅子や電池式の軽量人工呼吸器などを開発。ロビン自身がテストしてから、身体障害者の生活を向上させる機器の販売に貢献した人物でもあります。

1994年に彼が死去した翌年、障害を持つ人々の健康を向上させ命を救うことを目的とした「ロビン・カヴェンディッシュ基金」が創設されました。また2017年には、ロビンとダイアナはポリオ患者のために様々な開発に貢献したことで「イノベーション功労賞」を受賞しています。
彼らを支えたのは無償の愛、そして笑顔とユーモア。世界屈指の名プロデューサーと両親との素晴らしい思い出は、私たちにも温かな感動と笑顔を届けてくれるはず。


ブレス しあわせの呼吸
2018年9月7日(金)から角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督:アンディ・サーキス
プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、トム・ホランダー、ステファン・マンガン、ディーン=チャールズ・チャップマン、ハリー・マーカス、ぺニー・ダウニー、ヒュー・ボネヴィル、スティーヴン・オドネル、デビッド・ウィルモット ほか
©2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
公式サイト http://breath-movie.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.