国民栄誉賞 王貞治から羽生結弦まで41年の歴史

「草野満代 夕暮れWONDER4」(9月5日放送)にて、「国民栄誉賞の日」についてのエピソードを紹介した。

フィギュアスケート・羽生結弦 国民栄誉賞・授与式 記念盾を安倍晋三首相から授与される、羽生結弦  提供産経新聞

9月5日は、「国民栄誉賞の日」です。

1977年の今日、通算ホームラン数の世界最高記録を達成した王貞治さんに、日本初の国民栄誉賞が贈られました。国民栄誉賞は、日本の内閣総理大臣が贈る表彰のひとつ。王さんが一番最初だったんですね。

そもそも「国民栄誉賞」とは、前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民から敬愛され夢と希望を与えた人に贈られる賞で、開始から41年の中で26人と1団体が受賞しています。

そして、今年は、将棋棋士の羽生善治さん、囲碁棋士の井山裕太さんがダブル受賞。さらに、平昌オリンピックで2大会連続で金メダルに輝いたフィギュアスケートの羽生結弦選手が受賞しています。

そんな偉業の陰には、きっと並々ならぬ努力や苦労があったはず。栄誉とは、そんな「日々」に捧げられるのかもしれませんね。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

 

 

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.