中山秀征が語る デビュー前のX JAPANとの繋がり

タレントの中山秀征が、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(8月27日放送)に出演し、「影響を受けたアーティストベスト3」というテーマで語った。

まず、第3位は「X JAPAN」
実は、中山はX JAPANのToshlと深い繋がりがあるという。中山が上京したての頃、当時は四谷に住んでいたが、近所にToshlの兄が住んでおり、仲良しだったとのこと。そしてある時、デビュー直前のToshlから直接デモテープを渡され、初期の貴重な「X」の音楽を聴いたという。スピード感あふれるロックを聞いた中山は「売れるのかな?」と思い、当時は首をかしげたとのことであった。

続いて、第2位は「BOOWY」
中山は、氷室京介や布袋寅泰と同じ群馬県出身であるが、それに加えて接点があるという。布袋がBOOWYを解散して吉川晃司とCOMPLEXを組むまでの空白の1年間で、布袋と自動車教習所が一緒だったとのこと。その時は髪の毛が立っていない状態の布袋を初めて見て興奮したという。

そして、第1位は「矢沢永吉」
矢沢に直接会ったことはなく、ライブを観に行っただけの純粋なファンだという。そんな中、現在、中山がライブのリハーサルで使っているスタジオが、矢沢のスタジオであるとのこと。中山のライブスタッフが矢沢とすれ違ったと聞き、急いで探したものの、会うことは叶わなかったという。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.