しゃベルシネマ

篠原涼子、JK姿も初々しく…『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第470回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、8月31日から公開となる『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を掘り起こします。


1990年代を彩る青春音楽映画が誕生!


2011年に韓国で製作され、日本でも大ヒットを記録した『サニー 永遠の仲間たち』が、その舞台を日本に移し、映画化された『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。

1990年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションを全編に散りばめ、夢と刺激であふれていた高校時代と、かつての輝きを失った現在、ふたつの時代を交差しながら紡いでいく、笑って泣ける青春音楽映画が誕生しました。


1990年代に青春真っ只中を過ごした女子高生グループ “サニー”。楽しかったあの頃から20年以上の時を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人になっていた。40歳となった奈美は、仕事ができる夫と高校生の娘を持つ専業主婦。生活に不満はないものの、心のどこかで物足りなさも感じている。

ある日、かつての親友・芹香と久しぶりに再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた。「死ぬ前にもう一度、みんなに会いたい」。芹香の願いを叶えるため、奈美はかつての仲間、裕子、心、梅、そして奈々を探し出すことに…。


現在と過去を行き来して奏でる青春ストーリーで、超豪華なキャストの競演が実現しました。現在の奈美役を篠原涼子、高校生の奈美役を広瀬すずが演じるほか、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が現在の“サニー”メンバーを好演。

メガホンを取ったのは『モテキ』の大根仁監督。常に新しい映像表現と抜群の音楽センスで評判の、大根監督らしさを本作でも遺憾なく発揮し、現在と過去の絶妙なリンクが観客の共感を呼び起こします。1990年代に学生時代を送っていた人にとってはドンピシャ! そして、90年代カルチャーを知る多くの人にとって、懐かしさに心が弾む作品となりました。


そんな本作の要とも言えるのが、全編を彩る90年代J-POPサウンド。9月16日の引退が間近に迫った安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」「Don’t wanna cry」などの小室哲哉プロデュース楽曲、JUDY AND MARYの「そばかす」、CHARA「やさしい気持ち」、映画のサブタイトルにもなっている小沢健二の「強い気持ち・強い愛」。

そして音楽は“TKサウンド”で90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当。劇伴24曲を完全オリジナルで製作し、音で映画の世界観に華を添えています。思えば、主演の篠原涼子は1990年代、小室哲哉らとともにJ-POPシーンを支えてきた第一人者。“主演・篠原涼子×音楽・小室哲哉”というタッグに、感慨深いものを覚える人も多いことでしょう。女性6人の青春の再会の物語は、いろいろな意味で余韻に浸れますよ。


SUNNY 強い気持ち・強い愛
2018年8月31日から全国東宝系にて公開
原作:「Sunny」CJ E&M CORPORATION
監督・脚本:大根 仁
音楽:小室哲哉
出演:篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生、三浦春馬、リリー・フランキー、板谷由夏 ほか
©2018「SUNNY」製作委員会
公式サイト http://sunny-movie.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.