スポーツ用義足開発の第一人者が開発「マタニティ義足」

「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(8月19日放送)では、義肢装具士の臼井二美男を迎え、「義足の未来」について伺った。


自見)臼井さんは世界初ではないか? と言われるマタニティ義足も作られてるんですよね。これはどのようなきっかけで、作られたんですか?

臼井)股関節部分から足がない人がはく「股義足」(こぎそく)を利用されている方からの相談。妊娠するとお腹は大きくなりますので、義足が合わなくなって、履けなくなってしまうんです。

自見)大変なことですよね。

臼井)なんとかして出産ギリギリまで履ける義足を作ってあげようと思いました。

自見)妊婦さんから相談された時は、どんなお気持ちでしたか?

臼井)やったことがない義足でしたので、まあ知恵を絞りました。

自見)これは外国にはない?

臼井)おそらくないと思います。

淵澤)どのような義足なんですか?

臼井)お腹が大きくなるのに合わせるようにソケットが広がっていくような仕組みです。

自見)素晴らしい取り組みだと思います。また臼井さんは義足のアスリートのファッションショーも企画されているんですよね。

臼井)東京でのパラリンピックが近いですけど、スポーツだけではなく、ファッションや文化など障害者の方が色々な形で関われればと思って。ファッションショーだったら、特に女性の方に興味を思ってもらえると思いました。

自見)2年後の東京パラリンピックに期待すること、教えて下さい。

臼井)障害を自分のマイナスポイントと考えている人が、まだまだたくさんいます。東京パラリンピックは、(障害を)自分の個性、自分のチャームポイント、自分の美しい面だと認識してもらう、いいチャンスかなと思っています。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.