しゃベル編集部

8月18日ビーフンの日に夏バテ対策「冷やしあんかけビーフン」

8月18日は「ビーフンの日」。「ビーフン」はお米で出来た麺で、漢数字の八と十八を組み合わせると「米」という字になることから8月18日が「ビーフンの日」になった。

ビーフンでお馴染みのケンミンビーフンはお米100%でできているので、小麦アレルギーの方でもめん料理を楽しむことができるそうだ。それにお米が主原料なので、最近はグルテンフリーのヘルシーな食材としても注目を集めている。

8月18日は「ビーフンの日」を記念して、JR有楽町駅前広場で、12時・14時・16時の3回、各回818個ケンミンビーフンの無料サンプリングを実施した。

イベントでは、料理研究家のこんどう しょうた のトークショーも開催した。

イベントで紹介した「冷やしあんかけビーフン」のレシピはこちら。夏バテ対策に、栄養たっぷりの料理となっている。

「冷やしあんかけビーフン」
材料【4人分】
ビーフン1袋、長ねぎ1/2本、干ししいたけ8枚、かに風味かまぼこ4本、卵 2個、ほたて缶詰(水煮) 1缶(65g)
【1】
長ねぎは縦半分に切り、斜め半分に切る。
干ししいたけは水で戻し、堅く絞って薄切りにする。(干ししいたけの戻し汁)
かに風味かまぼこは食べやすい大きさに手で裂く
卵はボウルに割り入れ、溶きほぐす
【2】
鍋に「水1と3/4カップ、干ししいたけの戻し汁 大さじ2、しょうゆ 大さじ2、酒 大さじ2、みりん 大さじ2、砂糖 小さじ4」を入れて強火にかけ、ひと煮立ちしたら長ねぎ、かに風味かまぼこ、干ししいたけ、ほたて缶を汁ごと加える。
再び沸騰したら、ひと混ぜした「水 大さじ4、片栗粉 大さじ2」を加え、2分ほど混ぜながらしっかり加熱し、とろみをつける。
卵を加えてふんわり固まったら火を止め、塩で味をととのえ、粗熱を取り、冷蔵庫にひと晩入れて冷やす。”
【3】
沸騰したたっぷりのお湯にビーフンを入れ、袋の表記通りにゆでたらザルにとり、水でよく冷やして、水気を切る。
【4】
皿に3~4cm長さに切った水菜、3を盛り、2をかけ、ごま油をかける。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.