鈴木杏樹のいってらっしゃい

「お盆」はなぜ8月13日~16日になったのか

タグ

迎え火 お盆 お盆休み 8月13日 8月15日 盆休み 墓参り

乾かしたまこもでの迎え火(香取市)(お盆 – Wikipediaより)

『お盆』とは、ご先祖さまの霊をお迎えして、感謝の気持ちを伝えるとともに、改めて供養をして送り出す期間のことをいいます。
『お盆休み』の『お盆』の場合、月遅れのお盆『旧盆』のことで、8月13日から8月16日までの4日間のことを指します。13日が“お盆の入り”で、16日が“お盆の明け”です。

“お盆の入り”の時はお迎えするための“迎え火”、“お盆の明け”の時はお見送りするための“送り火”を灯します。
お盆の時、仏壇などに『提灯』を飾りますが、この提灯のことを『盆提灯』といいます。『盆提灯』は、ご先祖さまや亡くなった方の霊が迷わず帰って来るための目印として飾ります。

お盆の前に『山の日』という祝日が8月11日にありますが、今年は土曜日です。そこで今年は『山の日』の土曜日から8月16日・木曜日までの6連休を『お盆休み』とする所が多いそうです。
そうは言いましても、サービス業やドライバーといった方々のように『お盆休み』も関係なく仕事です! という方もいらっしゃいます。

元々、お盆は7月15日をはさんだ4日間のことをいいます。そのため東京など一部地域では、7月13日から16日に行うことが多いです。

このようにお盆の月が違う理由ですが、現在では生まれ故郷を離れて家族や兄弟が、別々の場所で生活するケースが増えています。そのため1人でも多く家族や親戚一同が集まるには、旧暦の7月のお盆の時期よりも、8月の旧盆の方がお休みと重なって都合が良いから・・・と考えられています。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.