テリー伊藤が語る、東京五輪における日本選手のアドバンテージ

タレントのテリー伊藤がニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(7月23日放送)に出演し、2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」について語った。

いよいよ2年後に迫った「東京オリンピック・パラリンピック」。猛暑の中でのコンディション、選手の体調管理に注目が集まるなか、競技日程の大枠が決まったが、競泳は午前に決勝が行われるなど、アメリカのテレビ放送のゴールデンタイムにあたる時間となった。組織委員会や日本水泳連盟によると「選手の体調もふまえ、決勝は夕方以降を希望していた」というが結果的にはアメリカのゴールデンタイムに合わせる形(日本時間の午前中)に決定。

これに対しテリーは、「不満は出るだろうが、日本人選手は一番不満が少ない」とコメント。「日本人は連日、猛暑の中暮らしているため、体が慣れており、世界で一番東京五輪の環境に適している」と指摘し、日本が有利な状況は変わらないと主張した。2年後の本番では、日本選手がホームのアドバンテージを得て、メダルを量産するかもしれない。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.