朝ドラ“幻の名曲”は1972年に誕生

本田路津子「耳をすましてごらん」 アマゾンより

「草野満代 夕暮れWONDER4」(7月24日放送)で、「NHK朝ドラの隠れた名曲」を紹介した。

NHK朝ドラといえば、物語や出演者の演技もさることながら、「名曲」も多数、誕生している。映画評論家で、朝ドラにも詳しい清水節によると、NHK朝ドラで歌詞付きの主題歌が登場したのは、近年だという。

草野)朝ドラの主題歌は、毎日聴くものですから、耳に残るんですよね。

清水)そうですね、近年の朝ドラの主題歌は明るい曲が多いです。しかし、昔は明るい曲ばかりではなかったんです。1972年、僕が小学校4年生くらいのときは、すごく情緒的で、いい曲も多かった。

1972年の朝ドラ「藍より青く」は、のちに『岸辺のアルバム』『ふぞろいの林檎たち』『男たちの旅路』『シャツの店』などのヒット作を手掛ける脚本家・山田太一の作品。

清水)この作品の挿入歌の本田路津子さんの歌う「耳をすましてごらん」。これが当時、大ヒットして、その年、NHK紅白歌合戦にも出場したんです。

「耳をすましてごらん」は、まさに、朝ドラの“隠れた名曲”である。

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.