しゃベルシネマ

あの『炎のランナー』の“その後”、ご存知ですか?『最後のランナー』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第447回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、7月14日公開の『最後のランナー』を掘り起こします。


イギリスの英雄から宣教師へ… 栄光と軌跡を描いた感動作


エリック・リデルという人物をご存知でしょうか。スコットランド人宣教師の息子として中国・天津で生まれた彼は、イギリスの元陸上競技選手。1924年、パリオリンピックに出場し、男子400メートルで金メダルを獲得しました。

彼の活躍は、アカデミー賞作品賞ほか4部門を受賞したヒューマンドラマ『炎のランナー』でも描かれました。敬虔なクリスチャンであるエリックが日曜日に行われる100メートル走への出場を辞退し、代わりに出場した400メートル走で劇的な勝利を成し遂げたエピソード、そして内に秘めた信念と尊厳は、観る者の心を大きく揺さぶりました。劇場公開から30年以上経った今でも、『炎のランナー』をマイベストに挙げる映画ファンも多いのではないでしょうか。


しかしその後、リデルがどのような人生を送ったかは、語り継がれていません。実は彼は、スポンサー契約を申し出てきた数多くの有名企業の誘いを断り、宣教師として自らの出生地でもある天津へと赴いたのです。

そんな意外と知られていない、一躍国民的ヒーローとなったエリック・リデルの驚くべき真実に迫り、その波乱万丈の軌跡を今に伝える映画が『最後のランナー』。これは、あの普及の名作の“その後”の物語なのです。


アスリートとしての栄光を捨て、宣教師として生きる道を選んだエリック・リデル。しかし1937年、日本軍が天津を占領するなど、戦争の波はすぐそこまで迫ってきており、中国における外国人を取り巻く状況は悪化。リデルも大勢の欧米民間人とともに、収容所に入れられてしまいます。

それでもなお、“走る”ことで不屈の情熱と信念を示し、人種も世代も分け隔てすることなく他者を思いやり、敵兵のためにも祈りを捧げたリデルの生き様が、本作ではあますところなく描き出されています。


エリック・リデルを演じたのは『恋に落ちたシェイクスピア』や『エリザベス』などで知られるイギリスの実力派俳優ジョセフ・ファインズ。アスリートを引退後も信仰のために走り続けた聖職者の軌跡を、繊細かつ力強く体現しています。

無限の可能性を秘めた若きランナーは、なぜアジアの新天地へと旅立ったのか。『炎のランナー』で世界中に感動を与えたリデルの高潔な人物像は、再び観る人に鮮烈な印象を残すことでしょう。
この映画を通じ、リデルの“その後”と対面して、あなたは何を思いますか?


最後のランナー
2018年7月14日(土)から有楽町スバル座ほか全国順次公開
監督:マイケル・パーカー&スティーヴン・シン
撮影:チェン・チュウキョン
出演:ジョセフ・ファインズ、ショーン・ドゥ、エリザベス・アレンズ、小林成男 ほか
©2017 Goodland Pictures © 2017 KD Multimedia Limited Innowave Limite
公式サイト http://saigo-runner.com/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.