しゃベルシネマ

細田守が描く“家族”と“命”の物語『未来のミライ』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第446回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、7月20日公開の『未来のミライ』を掘り起こします。


甘えん坊の男の子と未来からやって来た妹、きょうだいが織りなす冒険ストーリー


発表するアニメーション映画は次から次へと大ヒットし、国内外で注目されている映画監督・細田守。最新作『未来のミライ』は、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやって来た妹“ミライちゃん”が織りなす“きょうだい”の物語。

第71回カンヌ国際映画祭の「監督週間」にアニメーション作品としては唯一選出され、大きな反響を呼んだ話題作がお目見えです。


とある都会の片隅。小さな庭に小さな木が生えた小さな家で暮らすくんちゃんは、4歳の甘えん坊の男の子。生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、初めての経験に戸惑いの日々を過ごしていた。

そんなある日、くんちゃんは自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、セーラー服の少女に出会う。彼女は未来からやって来た、妹のミライちゃんだった。

ミライちゃんに導かれ、時空を超えた不思議な冒険へと出かけたくんちゃん。それは、くんちゃんが初めて知る、様々な“家族の愛”の姿だった…。


全世界待望の細田守監督最新作に息を吹き込むのは、豪華な俳優陣たち。主人公のくんちゃん役には本作が声優初挑戦となる上白石萌歌。そしてミライちゃん役には、細田監督作品は3度目の登板となる黒木華。愛らしくも微笑ましい二人のやり取りに、自身の幼い頃を思い出す人も多いのではないでしょうか。

そんな二人を取り巻く登場人物を、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司、福山雅治が魅力的に演じています。またオープニングテーマとエンディングテーマを担当するのは、山下達郎。『サマーウォーズ』以来、9年ぶり2度目のタッグが実現。山下達郎にとって同じ監督と再タッグを組むことが初めてなら、ひとつの作品に2曲書き下ろすのも初めてのこと。爽やかな歌声が細田作品の世界を華やかに彩ります。


過去があるから、現在がある。そして、未来へとつながっていく。考えてみれば、親の愛情を“独り占め”していた子どもも弟や妹が生まれることで、本人の意思とは関係なく“お兄ちゃん”や“お姉ちゃん”になり、パパとママも、“親”になるまで紆余曲折があるものなんですよね。

様々な出来事の積み重ねが、みんなをひとつの“家族”にしていく。
そんな何気ない幸せをファンタジックに描き出した本作、ほっこりと温かな感動を届けてくれます。


未来のミライ
2018年7月20日から全国東宝系にてロードショー
監督・脚本・原作:細田守
オープニングテーマ・エンディングテーマ:山下達郎
声の出演:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司、福山雅治 ほか
©2018 スタジオ地図
公式サイト http://mirai-no-mirai.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.