しゃベルシネマ

W杯だけじゃない、原始人のサッカー対決も白熱!『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第442回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、7月6日に公開した『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』を掘り起こします。


前代未聞、原始時代スポ根アニメーション!


日々、熱戦が繰り広げられている「2018 FIFA ワールドカップロシア」。日本代表は残念ながら8強入りは叶わず、しかし日本中に感動と興奮を届けてくれました。

そしてスクリーンでも、サッカーファンも思わずクスリとさせられてしまう奇想天外なストップモーション・アニメーションが、この夏、日本に上陸しました。


太古の昔、まだ地球上にマンモスがいた頃のお話。勇敢な少年ダグは、ボブナー長老が率いる部族の仲間やブタの相棒ホグノブと共に、小さな谷間で平和に暮らしていた。

しかしある日、谷で採れる青銅を狙うブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿が軍隊を連れて侵攻し、故郷を追われてしまう。ダグたちは故郷を取り戻すために、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されている“サッカー”と呼ばれるスポーツでヌース卿に対抗することに。

しかし村人にとっては、サッカーは未知なるスポーツ。果たしてダグたちは、愛する故郷を取り戻すことができるのか…。


全世界にファンを持つ『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』などで知られ、これまでに4度のアカデミー賞®受賞歴を持つニック・パーク監督×アードマン・アニメーションズの最新作のテーマは、原始人とサッカー。なんとも斬新な組み合わせが思いがけない面白みを生み出し、個性的なキャラクターたちの冒険の旅を描いています。

原始時代とは言え本作の舞台は「マンチェスターあたり」と謳っているように、イギリスの人気チーム、マンチェスター・ユナイテッドにオマージュを捧げているとも取れ、サッカー好きにとってはタマらない小ネタも満載です。

もちろん、アードマンならではのクレイ人形の温かい質感と緻密なアニメーション技術も健在。キャラクターたちのスピード感ある動きを、すべてクレイアニメーションで作り上げているというこの事実には、毎度のことながらただただ唸らされるばかりです。


本作のいちばんのテーマは、あきらめない心とチームワーク。のんびり屋さんの原始人たちがサッカーの才能を開花させる姿に爽快感を覚えるとともに、仲間への思いやりや優しさに気づかせてくれます。

大人も子どもも楽しめる、この夏おすすめのファミリームービーです。


アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~
2018年7月6日(金)からTOHOシネマズ 上野ほか全国ロードショー
監督・製作:ニック・パーク
脚本:マーク・バートン、ジェームズ・ヒギンソン
声の出演:エディ・レッドメイン、トム・ヒドルストン、メイジー・ウィリアムズ、ティモシー・スポール ほか
声の出演(日本語吹替版):梶裕貴、大塚芳忠、沢城みゆき、戸田恵子、山寺宏一、堀内賢雄、佐々木梅治、諏訪部順一 ほか
©2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.
公式サイト http://earlyman.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.