森永卓郎が提言~断捨離をお金に換える方法

タグ

「垣花正 あなたとハッピー!」(6月27日放送)で経済アナリストの森永卓郎が出演。遺品整理や断捨離の際、物をいかに高く売るか。いくつかの方法と注意点を解説した。

ハウトゥー遺品整理~メモリー・イズ・マネー

遺品整理と聞くと、明るく語る話じゃないとおっしゃる方もいるかもしれないですが、それはかなり若い人かもしれなくて、いつかはやらなくてはいけないことです。

実際にこの番組ディレクターの杉山さんのお父さんが亡くなったときに、コレクションが大変だったそうです。

昔の人は物が足りなかった時代で育っているので、物をなかなか捨てることができず、沢山持っています。それを亡くなった後放置しておくと、家が空かないわけですよ。家を売るにしても、賃貸に回すにしても、まず物を片付けないと家が貸せないわけです。コレクションがあるなしに関わらず、これをどうするかというのは大きな問題です。

業者に一括買取を依頼しては絶対にいけない!

亡くなられた方は遺品整理かもしれないですが、生きているうちにやってもいいわけです。断捨離という言い方が良いかもしれません。それを賢い人はどうやるかという話ですが、それを申し上げる前に絶対やってはいけないことを紹介します。

それは業者に一括買い取りを依頼することです。手軽なので皆そっちに流れるのですが、これが悲惨な結果を招くことがあります。

俳優の高橋英樹さんが生前に全部整理するというので、先日やられたのですよ。高橋英樹さんというのは昔から大スターなので、物凄く良いものがいっぱいあったそうなのです。映画関係のグッズもいっぱいあったのですが、それを一括で業者に頼んで、なんと引取料を取られたというのです。

プラスの値段がつけばいい方で、かなりの確率で引取料を取られて終わるのですよ。ポイントは、遺品整理にしても断捨離にしても、ちゃんと然るべき手順を踏めばお金になるのです。

売るタイミングを見極めるべし

例えば府中市在住の女性の方。自分の整理を、断捨離としてされたそうです。

あるアーティストのファンを35年続けていらして、以前そのアーティストと関係ないレコードは600枚引取り業者に1万円で持って行かれてしまったんですね。

ところがこの時代になって再びレコードブームがきているので、いまはその何十倍にもなると思います。売るタイミングというのは、非常に重要です。

断捨離する物をインターネットで売る

彼女は、ツアーのパンフレットやTシャツ、タオルなどこまごましたものまで買って使わずにとっておいたのです。

最初はCD、DVDは二束三文だったのですが、それを見ていた娘さんが「『メルカリ』に出したらいいんじゃない」と。大事にして頂けるなら、との思いで、メルカリに出したらもう凄いのですよ、売れ方が。トータルで16万円ほどになったそうです。

マニアがつくものは「メルカリ」よりも「ヤフオク」がオススメ

一般の商品の場合はメルカリでいいですが、メルカリは売り手が値段をつけなければいけない。アーティストのグッズなどはマニアがいますので、ヤフーオークションに出した方が値段が吊り上がっていくので、マニア系のグッズはヤフオクの方が有利だと思います。ヤフオクだともっと高くなっていた可能性は十分あると思います。

「メルカリ」の利点としては、コメントできる機能があってお互いにやり取りできているので、良い気持ちで取引ができることにあります。楽しみながら断捨離ができるのはいいですよね。

市場原理を読んで売りに出す

この女性はタイミングがよかったのですよ。実はいま、80年代商品が1番高いので、そこで青春時代を過ごした層が、現役でお金を持っているので奪い合いになるのです。

どの世代が欲しがるか、放出するかという問題があって、杉山ディレクターのお父さんはたくさん映画のパンフレットを持っていたのですが、業者の方に「10年遅かったですね」と言われたそうです。

いま、60年代のグッズが大暴落中なのです。60年代に青春を過ごした人が定年を過ぎて引退しているから、買わないし、むしろ売り物が出てくる。皆が売りに出すから、市場原理で価値が下がる。いまは80年代ブームなので、80年代物は売りです。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.