しゃベルシネマ

イ・ビョンホン主演の歴史大作に坂本龍一が参戦!『天命の城』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第432回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、6月22日公開の『天命の城』を掘り起こします。


抗戦か、降伏か。国の存亡を懸けた47日間の戦い


1636年に勃発した、丙子の役。中国・明の衰退により勢力を増した清が朝鮮に侵入してきたこの戦いは、朝鮮歴史上もっとも熾烈な戦争とも呼ばれています。その最後の47日間を映画化した『天命の城』が、いよいよ日本でも公開となりました。

5ヶ月にも及ぶ極寒の中でのオールロケーションを決行し、初めてスクリーンに描かれた感動の歴史大作です。


1636年12月14日、清が朝鮮に侵攻し、丙子の役が勃発する。12万人という大軍に攻め込まれるなか、王と朝廷は首都・漢陽を逃れ南漢山城に隠れるが、敵軍に完全に包囲され孤立無援の状態に。

冬の厳しい寒さと飢えが押し寄せる絶体絶命の中、朝鮮の未来を見据えた大臣たちの意見は激しく対立していた。平和を重んじ清と和睦交渉を図るべきだと考える、吏曹大臣チェ・ミョンギル。大義を貫くべく清と真っ向から戦うべきだと訴える、礼曹大臣キム・サンホン。主和派と主戦派、ふたりの意見に挟まれ、王・仁祖の葛藤はますます深まるばかり。

兵力はわずか1万3,000人と、圧倒的な劣勢に立たされる朝鮮朝廷。抗戦か、降伏か。そして、朝鮮王朝の運命は…。


清との和平交渉を突き通す大臣ミョンギル役には、『王になった男』以来の歴史時代劇主演となるイ・ビョンホン。そして徹底抗戦を貫くサンホン役には、本作が時代劇初出演となるキム・ユンソク。静かに、しかし魂と魂が激しくぶつかり合うような論議のシーンは高潔かつ重厚な趣きで、思わず固唾を飲んでしまうほどの迫力。そんな二人の知者の間で苦悩する、朝鮮王役パク・ヘイルの好演も見逃せません。

また民衆のために命を懸ける鍛冶屋ソ・ナルセ役にコ・ス、孤立無援の南漢山城を守る守御使イ・シベク役にパク・ヒスンと、韓国映画界のスター俳優が放つ圧倒的な存在感も見応えたっぷり。

メガホンを取ったのは『トガニ 幼き瞳の告発』や『怪しい彼女』で知られる、ファン・ドンヒョク監督。兵士たちの生活や戦闘シーンを生々しく描く一方で、登場人物たちの悲哀を情感豊かに映し出しています。

そして音楽を手がけたのは、今作が韓国映画初参加となった坂本龍一。現代的なシンフォニーと韓国の伝統音楽を取り入れた斬新なスコアにも注目です。


国への忠誠を持つ2人の家臣の異なる信念。そして、未来のために下した王の決断。

国の天命を背負った男たちが「民衆のための最良の選択は何なのか」を第一に考えるがゆえの葛藤と苦悶。彼らの壮絶な生き様からは、380年あまりの時を経た現代にも通じる“普遍的な信念”を感じずにはいられません。


天命の城
2018年6月22日からTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督:ファン・ドンヒョク
音楽:坂本龍一
出演:イ・ビョンホン、キム・ユンソク、パク・ヘイル、コ・ス ほか
ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED
公式サイト http://tenmeinoshiro.com/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.