史上初の米朝首脳会談取材日記 握手でプレスセンターにどよめき

タグ

報道記者レポート番外編(その2)
史上初の米朝首脳会談取材日記!

報道部副部長 兼
飯田浩司のOK! Cozy up!プロデューサー遠藤竜也

6月12日(火)日本時間午前10時4分、シンガポール南部のセントーサ島のカペラホテルでアメリカのトランプ大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の歴史的な握手から史上初の米朝首脳会談がスタートしました。

今回はアメリカと北朝鮮2国間の会談だったことから、残念ながら日本のTVカメラや取材記者が入ることはできなかったのですが、会場から数キロ離れたプレスセンターのモニターで生中継を見ることができました。握手の瞬間、プレスセンターで取材していた世界中の記者からは「おおーっ!」と大きなどよめきが起こり、お互いが腕に触れたり、背中を押して会談会場に向かうシーンを見ていた際には笑い声が上がるなど、緊張感がピークになるべき瞬間であったにも関わらず、どことなく世界の2人のリーダーによる政治的ショーを見せられているような感じでした。

ちなみにこのプレスセンターから飯田アナと私が東京に向けて生レポートをお送りしたわけですが、使用した放送機材が本当にシンプルなもので、今やいつでもどこでもスマートフォンとWi-Fiがあれば生中継ができる、本当に便利な時代になりました。

さて、番組でもシンガポール土産としてプレゼントさせて頂きました、トランプ大統領と金正恩委員長のリバーシブルうちわですが、お土産物としての価値が高くなったようで、1人1枚限定のところ「もっとくれ」と交渉している記者の皆さんを多く見かけました。
(恥ずかしながら、かくいう私もその1人だったわけですが・・・)

その他には、シンガポールの観光ガイドや、企業のパンフレット、シンガポールと刻印の入ったボールペンなどもメディア関係者全員に配布され、お土産を買うことができるブースも設置されるなど観光客として再度訪れて欲しいとアピールする姿勢に熱がこもっていました。

プレスセンターの中身はここまで、次回は米朝首脳会議の日の街の様子をお届けします。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.