しゃベルシネマ

韓国×北朝鮮×アメリカ、血まみれクライム・アクション『V.I.P. 修羅の獣たち』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第429回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、6月16日公開の『V.I.P. 修羅の獣たち』を掘り起こします。


韓国VIP俳優たちが狂気の熱演!


韓国の国家情報院とアメリカCIAの企てにより、北朝鮮から亡命したエリート高官の息子キム・グァンイルが、連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人だと直感したチェ・イド警視はグァンイル逮捕のために奔走。

一方、国家情報院の要員パク・ジェヒョクは機密が漏れるのを阻止するために、グァンイルを保護する。捜査が遅々として進まず、苛立ちを覚えるチェ警視。

そんななか、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボムまでもがグァンイル確保に介入。事態は思わぬ方向へ進んでいく…。


米朝首脳会談の話題がトップニュースを飾るこの時期に、韓国、北朝鮮、アメリカの国家機関の衝突をテーマにした衝撃作が公開となりました。世界で唯一の分断国家という特性を生かし、CIAと韓国国家情報院が合同で亡命させる“企画亡命者”という、北からやって来たV.I.P.をめぐるクライム・ドラマ。

野心作を発表し続ける韓国ノワールの巨匠パク・フンジョン監督による『V.I.P. 修羅の獣たち』です。


緊迫感あふれる本作には、韓国映画界を代表するVIP俳優たちが集結しました。企画亡命者=V.I.P.を隠蔽しようとする男、国家情報院の要員パク・ジェヒョク役にチャン・ドンゴン。捕らえようとする男、警察庁の刑事チェ・イド役にキム・ミョンミン。復讐しようとする男、保安省の元工作員リ・デボムにパク・ヒスン。そして全員から追われる男、猟奇的殺人事件の容疑者キム・グァンイル役にイ・ジョンソク。

各々が放つエネルギーのぶつかり合いが強烈な化学反応を生み出し、濃密なドラマを展開しています。


V.I.P.キム・グァンイルを隠蔽しなければならない理由、捕まえなければならない理由、復讐しなければならない理由とは。そして、国も法律も通じぬサイコキラー、キム・グァンイルは一体何者なのか。

最後の最後まで展開が読めない壮絶クライム・アクションに痺れること、間違いなし! です。


V.I.P. 修羅の獣たち
2018年6月16日からシネマート新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本:パク・フンジョン
出演:チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソク、ピーター・ストーメア ほか
(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
公式サイト:http://klockworx-asia.com/vip/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.