米朝首脳会談 北朝鮮の非核化に向け、44%が変化なし、32%が前進と評価

ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」が6月13日にTwitterで行ったアンケート調査で、「米朝首脳会談を終え、北朝鮮の非核化に向けて前進したと思いますか?」という質問に対し、44%の回答者が「変化なし」と答えた。

同番組の人気コーナー「あなたの声を届けます~リスナーズオピニオン」の企画としてTwitterでリスナーアンケートを実施。「米朝首脳会談を終え、北朝鮮の非核化に向けて前進したと思いますか?」という質問に対し、1.前進した2.変化なし3.後退した4.わからないの四者択一形式で1,748人から回答を得た。

その結果、44%が「変化なし」とした一方で、34%が「前進した」と答えた。「わからない」は17%、「後退した」は7%だった。

「変化なし」と答えたリスナーからは、次のような意見が寄せられた。

・『実務者協議で詰め切れないまま首脳会談を行ってしまった印象。具体的な文言がなく、実現性に乏しい』(50代男性)
・『合意文書の文言は「目的」が示されただけで非核化の定義が示されなかった』(60代男性)
・『アメリカは北朝鮮の体制保障を確約したが、北朝鮮の非核化に向けた具体的なプロセスは示されなかった』(50代女性)

一方、「前進した」と答えたリスナーからは次のような意見が寄せられた。

・『最初の小さな一歩ではあるが、ようやく踏み出せた。これから徐々に大きな一歩にして行けば良い』(60代男性)
・『会談が開かれたこと自体に意義がある。具体的な手段はこれから詰めていけば良い』(60代男性)

今回のアンケートは6月13日の番組放送中に実施し、1700人以上のリスナーが回答。このほか、番組には拉致問題に関する意見も多く寄せられ、世間の米朝首脳会談への関心の高さが伺える結果となった。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.