サッカー日本代表・長友佑都とグアリン ピッチの上の友情

FIFA World Cup 2014 / JPN-COL 1-4 提供:dpa/時事通信フォト

 

「草野満代 夕暮れWONDER4」(6月12日放送)にて、「2014年FIFAワールドカップブラジル大会」のエピソードを紹介した。

6月12日は、前回の2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会が開幕した日。
この大会、日本は、2敗1分けという結果でグループリーグ敗退となりました。

日本の1次リーグ敗退は、2大会ぶり。
どんな苦しい場面でも、ポジティブ精神で跳ねのけてきた長友佑都選手は、さすがに、コロンビア戦の試合後、ピッチに座り込んでしまいます。

そこに駆け寄ったのが、コロンビア代表のグアリン選手。
実は、長友選手とグアリン選手、当時、2人とも、イタリアのインテルに所属。チームメイトでした。
いつもの仲間が対戦相手となったのが、決勝トーナメント進出を懸けたこのコロンビア戦だったんです。

グアリン選手は、長友選手と肩を組んだ後ろ姿を自身のInstagramにアップ。こんな言葉を添えています。

「偉大な勝利を得ることができて嬉しい。まだ夢を見続けることができる。良き友人であり、チームメイトの長友と共に」

ブラジルの地で、結果を残すことができなかった日本代表。
でも、グアリン選手のInstagramを見ると、サッカーの素晴らしさに改めて気付かされます。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.