紺野ぶるま 鶴瓶の松竹芸能所属を疑う?

「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(6月3日放送)にお笑い芸人の紺野ぶるまが出演した。

際どい下ネタを使った“なぞかけ”が人気となった紺野だが、最初はモデルになりたくて様々なオーディションを受けていたそうだ。しかし最初に所属した事務所は「すぐにモデルデビュー!」や「あなたの夢を応援!」という謳い文句を使った明らかに怪しいものだった。しかし当時の紺野は疑うことなくレッスン料と称してお金を払い続けていたという。

半年ほど経ってようやく怪しいことに気付き出したころ、ちょうど原宿を歩いているところをスカウトされ、事務所を移籍。これで夢が叶うと思いきや移籍先の事務所も同じような事務所と気付き退所。

そんなことが続き体調を崩しているときに目に入ったのが、「笑福亭鶴瓶」と「安田大サーカス」の写真の載った松竹芸能オーディションのチラシだったそうだ。この出会いをきっかけに、紺野は松竹芸能事務所へ所属することになった。

紺野は今年で芸歴9年目。しかし事務所の先輩である鶴瓶に会ったのはつい最近だという。過去にいろいろと騙された経緯があるためか、松竹芸能に鶴瓶が所属しているのは嘘なのでは?と疑っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.