新日本プロレスの元レスラーが語るキッズレスリングの魅力

タグ

新日本プロレスの元プロレスラー・井上亘が、ニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」(5月29日放送)に出演し、ニッポン放送との共同事業である複合型スポーツクラブ「athletic camp LION」を紹介。キッズレスリング教室の子どもへの驚きの効果について語った。

卓球の張本智和を例に出すまでもなく、現在活躍中のスポーツ選手の多くはジュニア出身であり、日本では伝統的にジュニアスポーツが盛んである。ジュニアスポーツのなかでここのところ注目を集めているのが「キッズレスリング」だが、新日本プロレスとニッポン放送がタッグを組んで手がけるスポーツクラブ「athletic camp LION」に、キッズレスリング教室があるという。新日本プロレスで活躍していた元プロレスラーの井上亘に聞く。

土屋)「athletic camp LION」のキッズレスリング教室とはどういうものでしょうか?

井上)まず、教えている人がすごいです。2017年の全日本チャンピオンや世界選手権に出場する選手であったりします。
荒木田コーチ、井上コーチなのですが、その人たちが本格的にレッスンをします。このコーチ2人がすごいのが、自分たちのレスリングを押し付けるのではなく、その子、その子の能力を見て、「この子はこうした方がいいな」と的確にその子の能力を見抜いて、伸ばしてあげるっていうのを気持ちにとどめているみたいです。

土屋)僕、5歳の子どもがいるのですが、子どもにレスリング!? っていう。あんまり発想になかったんですけれども、教育にもいい感じですか?

井上)まず、身体能力がグーン! と上がります。

土屋)グーン!?(笑) どれぐらいいくんですか。

井上)もう、グーン!

土屋)いや(笑)

井上)なぜならばですね、レスリングに入る前にいろいろな基礎運動をやっていくんですけれども、反復練習を大事にしていて、1つ1つの筋力アップとかも丁寧にやっていくので、トータルで腕の力が強いとかだけではなくて、全身が鍛えられます。

土屋)バランスよく鍛えられるんですね。

井上)どのスポーツもそうですけれども、きついこと、辛いことってあると思うんですよ。レスリングもあります。
そこを乗り越えていこうということで、コーチもそういったことを子どもたちに伝えながら、体だけではなく、気持ちも鍛えていく方針で教えています。

土屋)最後は心だったりしますもんね。

*キッズレスリング無料体験会のお知らせ
2018年6月16日(土)14:00~/15:30~ 計2回実施します。無料で3歳から中学生まで参加できます。場所は、豊洲のBUDDY幼児園豊洲校にて。体験会の詳しい情報と申し込みは、以下のページよりお願いします。

キッズレスリング体験会申し込み

 

井上 亘(いのうえ わたる)
1973年8月27日、東京都江東区生まれ。
21歳から身体を鍛え始め、26歳のときに新日本プロレスでデビュー。
IWGPジュニアヘビー級王座などタイトルにも輝くものの、怪我により、2014年4月に現役を引退。
引退後は新日本プロレスのスタッフとして活動、現在は新日本プロレス広報宣伝部に所属し、新日本プロレスを裏方として支えるとともに、ニッポン放送との共同事業である複合型スポーツクラブ「athletic camp LION」の運営にも携わる。

*複合型スポーツクラブ「athletic camp LION 」
https://www.aclion.jp/

 

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.