世界で初めて有料で公開された映画が今でもyoutubeで見られる!【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

娯楽の代表の1つ、映画にはこんな物語がありました。今週は『映画の歴史』についてです。

 ■映画の始まり(2)

WS000012

古くから人々は“動く映像”を作ろうと、様々なチャレンジをしてきました。

そんな中、“発明王”トーマス・エジソンが画期的な発明をしました。

それは“写真を使った映像を見せるための装置”で、名前を『キネトスコープ』と言います。

そして1894年にはニューヨークで、『キネトスコープ』を何台も設置したパーラーをオープンしました。

これが“世界で初めての映画館”と呼ばれているそうです。

 

この『キネトスコープ』ですが、映像をスクリーンに映し出すのではなく、フィルムが箱の中に入っています。

コインを入れると、フィルムが回り始めて、それをフィルムの下にある電球の光に透かして、上から拡大鏡で、のぞき込むようになっています。

そんなところから『ピープショー(peepshow)“のぞきからくり”』と呼ばれていたそうです。(※“Peep”=“のぞく”)

 

それでは現在のように、スクリーンに映像を映し出して何人もの人達と一緒に同じものを見る・・というスタイルはいつ頃、誕生したのでしょうか?

これは1895年のことです。

フランスの『ルイ』さんと『オーギュスト』さんの『リュミエール兄弟』が発明した『シネマトグラフ』という映画の機械の発明によってです。

『シネマトグラフ』は“現在の映画と同じ原理を持った世界で初めての複合映写機 “だそうです。

そしてこの年の12月28日、パリで、世界で初めて映画が有料で公開されました。

それを記念して、12月28日は『シネマトグラフの日』と呼ばれているそうです。

この時、何本か同時に公開されましたが、そのうちの1本『工場の出口』という作品は、下記の動画サイトでご覧になれます。

(2016/7/12放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。