駅弁屋さんのカフェ!新函館北斗駅「大玉ほたてと大漁ウニ弁当」(1,780円・吉田屋) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

3月26日に開業した「北海道新幹線」。
現在の終点・新函館北斗駅は、従来の函館駅からおよそ18キロ、北に離れた「北斗市」にあります。
「18キロ」という距離、首都圏でいいますと・・・

東海道線・・・東京~川崎:18.2キロ
中央線・・・東京~荻窪:18.7キロ
(京浜)東北線・・・東京~西川口:17.8キロ
などなど ※参考:JTB時刻表2016年4月号

要するに「遠い」ということなんですが、それをカバーするためにあるのが?

bl160329-1

「はこだてライナー」という連絡列車です。
ライナーと名前はついていますが、普通列車または快速列車ですので、普通乗車券のみで乗車することが出来ます。
JR北海道の733系電車(1000番台)が、基本は3両編成で、新函館北斗~函館間を15~20分ほどかけて結びます。
H5系新幹線とカラーリングを合わせたパープルの帯が、新しいステンレスの車体に映えますね!

bl160329-2

新函館北斗駅の新幹線と在来線は、途中に乗り換え改札口はありますが、
同じフロアで、新幹線の11番線ホームと繋がっています。
ただ、この11番線は、東京方面行・上り列車の発車ホーム。
土産物をたくさん持った帰りは、とても楽チンということかもしれません。
東京方面からやってきた下りの新幹線は、基本的に線路を挟んだ反対側の12番線に到着。
階段・エスカレーターを使った移動が必要となります。
なお、新函館北斗~函館間は、Suica・PASMOなど、交通系ICカードのエリア外。
新函館北斗より先へ乗り換える人は、事前に紙のきっぷを買っておくことが推奨されています。
でも、せっかく新函館北斗駅にやってきたら、ぜひ立ち寄っておきたい注目スポットが・・・。

bl160329-3

その名も「BENTO CAFE 41°GARDEN(よんいちガーデン)」!
実はこのお店、青森・八戸の駅弁屋「吉田屋」さんが官民連携の「青函活性化ファンド」を使って手掛けています。
八戸小唄寿司」などのロングセラーを持つ「吉田屋」さんですが、実は初代の方が、北海道北斗市(旧・大野町)出身という「創業者ゆかりの地」。
100年あまりの時を経て、故郷に錦を飾るといったら少し大袈裟か!?
「駅弁」といえば「ベント~!」という立ち売り・・・というアナタは古い!!
駅弁屋さんとて、今や「カフェ」の時代なのです。

bl160329-4

オープンに合わせ「吉田屋」さんは、数々の新作駅弁を投入しました。
メインの価格帯は「1780円」という、なかなか強気の価格設定。
ただ、駅弁というものは、安いから売れるというものではありません。
東京駅などで駅弁を手掛けるNRE大増さんが、かつて安い駅弁で展開したところ、売り上げが落ちてしまい、高級路線に転じてV字回復したという歴史もあります。
旅先でいつもよりちょっとイイものを・・・と考える人が多いからなんでしょう。

bl160329-5

そして「BENTO CAFE 41°GARDEN」のすごいところは、おかずを選べる「カフェ弁」で、オリジナルの「マイ駅弁」を作れちゃうところ。
お好みの番号をお店の方に告げて組み合わせてもらい、レジで精算します。
開業前後で2度お店にお邪魔しましたが、地元の方はこれを頼んで、お茶していく人が多いように見受けられました。
このほかコーヒーなどの喫茶もあり、有名パティシエの方がプロデュースしたスイーツも・・・。

bl160329-6

このカフェをプロデュースしているのが、吉田屋さんの六代目・吉田広城社長。
(画像右、左は筆者)
3月19日のグランドオープンから、自ら陣頭指揮を執り、接客にあたっておられました。
2002年の八戸開業、2010年の新青森開業、そして今回の北海道新幹線の開業と、全て最前線で立ち会ってきた吉田社長曰く「今回の盛り上がりが一番すごい」そう。
函館周辺の皆さんの「新幹線への期待」の大きさを、肌で感じていらっしゃるようです。

bl160329-7

その吉田社長、イチ押しの新作駅弁が「大玉ほたてと大漁ウニ弁当」(1780円)。
実はこの駅弁、今年1月に京王百貨店新宿店で行われた第51回「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」で先行販売され、大きな人気を博しました。

bl160329-8

「もしかして八戸で作って運んでいるんですか?」と社長に訊いてみたところ、「実はカフェの裏が厨房で、みんなそこで作ってるんですよ」とのこと。
地元(北海道産)の食材、地元の人材を活かしながら、「BENTO CAFE 41°GARDEN」では、限りなく出来たてに近い駅弁を頂くことが出来るという訳です。

bl160329-9

山盛りの蒸しウニの上に、大玉ほたてがドーンと鎮座。
大葉がいいアクセントになってくれます。
近年、吉田屋さんの駅弁には「大玉ほたて」が多く使われているのですが、このネーミングが秀逸で、耳にしただけで食欲をそそってくれるんですよね。

bl160329-10

前回「函館みかど」の「アワビ+ウニ」駅弁に対し、今回は「吉田屋」の「ホタテ+ウニ」駅弁。
実はこの2店、新函館北斗駅の2階(改札外)で、エスカレーターと吹き抜けを挟んで、相対するように店を構えていて、札幌寄りが「函館みかど」、青森寄りが「吉田屋」。
それぞれのお店が「攻めの駅弁」を投入している背景には、2社による「競争」が生まれたことが大きいような気がします。
訪れた日は「函館みかど」が昼前に完売してしまい、工場のある七飯から14時の搬入を待つ状況。
一方「吉田屋」は、厨房の存在を活かして、随時弁当を補給し、地の利を活かしていました。
コレ、どちらも甲乙つけがたい。
新函館北斗の駅弁、かなり面白いことになってます!

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。