駅弁を富山の果てまで行って喰う!?~富山駅「とやま弁当」(1,300円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160715-1(w680)

北陸新幹線の開業に伴って、在来線の北陸本線は、県ごとに3つの第3セクター鉄道に分割されました。

①IRいしかわ鉄道(石川県:金沢~倶利伽羅)
②あいの風とやま鉄道(富山県:倶利伽羅~市振)
③えちごトキめき鉄道(新潟県:市振~直江津、日本海ひすいライン)

このうち最も長い、100キロあまりの区間を受け持つのが「あいの風とやま鉄道」です。

bl160715-2(w680)

「あいの風とやま鉄道」の看板列車とも言えるのが「あいの風ライナー」。
朝夕を中心に金沢~泊(とまり)間で運行される”通勤ライナー”的な快速列車です。
全車指定席で「300円」の追加料金が必要で、ライナー券は原則として駅での販売ですが、空席があれば列車内でも購入可能です。
車内で精算する場合、車掌さんがタブレット端末を操作して、レシートのような「ライナー券」を発券してくれます。
停車駅も金沢・石動(いするぎ)・高岡・小杉・富山・滑川・魚津・黒部・入善・泊の各駅に絞られ、かつての特急並みのスピードで走り抜けます。

bl160715-3(w680)

「あいの風ライナー」の車両はJR西日本から譲渡された521系電車が中心。
進行方向に向かって座席の向きを変えられる転換クロスシートを装備した車両ですが、実は普通列車用の車両と共通です。
その意味では追加料金「300円」は着席保証料といった感じで、首都圏では京急の「ウィング号」や東武東上線の「TJライナー」に近い存在。
下校の中・高生は追加料金の無い普通列車に流れるようで、乗っている人は大人が多め。
たまに地方の通勤列車に乗ってみるのも、その地域の土地柄のようなものが見えて面白いですね。

bl160715-4(w680)

521系電車は2000年代後半から作られた新しい車両なので、スピードを出しても車内は静か。
「あいの風ライナー」の車窓には、富山の田園風景が広がりました。
田植えが済んだばかりの水鏡の田んぼに夕日が映えて、日が暮れていきます。
ちなみに「あいの風とやま鉄道」ではJR西日本の「ICOCA」が使えるので、首都圏の「Suica/PASMO」も利用可能。
北陸新幹線のモバイルSuicaと組み合わせれば、首都圏からケータイ1つで「あいの風・・・」沿線の移動が可能です。

bl160715-5(w680)

富山から40分弱で「あいの風ライナー」は終点の泊に到着。
泊駅のある朝日町(あさひまち)は富山県の東端にあり、次の越中宮崎駅までが「あいの風とやま鉄道」の駅となります。
このため泊から東は、新潟・直江津からやって来る「えちごトキめき鉄道」のディーゼルカーがメインの運行。
ただ、乗り通す人が全くいないわけではないので、泊駅では双方の列車が縦列停車して、同一ホームで乗り換えられるようにしています。
実は「あいの風とやま鉄道」・・・この富山・新潟県境の「越中宮崎~市振」間が、日本海が見えて景色がキレイなんです。

bl160715-6(w680)

「あいの風ライナー」から乗り継いだ泊18:54発の直江津行からは、日本海に沈む夕日を眺めることが出来ました。
列車の窓から、海に出来た光の道を眺めながら移動できるとは”富山の果て”までやってきた甲斐があるというもの。
タイミングが良ければ”ジュッ!”と音がしそうな日の入りを眺められるかもしれません。
こんな美しい景色を眺めながら「駅弁」を食べたら、きっと美味しいこと間違いなし!
在来線乗継ぎの場合、駅弁は”富山の果てまで行って喰う”のがオススメです。

bl160715-7(w680)

そんな「富山」がぎっちり詰まったのが、昨年末販売開始の「とやま弁当」(1,300円)。
元々は富山県の「平成27年度 越中とやま食の王国づくり事業」として企画された駅弁で、富山駅弁の「源」が調製しています。
北陸新幹線の開業を機に富山の食の魅力を首都圏へ発信すべく、富山の食材を使った駅弁を作ることになり、NREと提携して東京駅「駅弁屋・祭」でも販売。
3月以降は北陸新幹線開業1周年に合わせて、富山県内での販売が始まったという”東京先行発売”の珍しい駅弁でもあります。
E7(W7)系新幹線・普通車の背面テーブルいっぱいに広がる、横長の折詰が特徴ですね。
参考:富山県ホームページ

bl160715-8(w680)

【おしながき】

とやま牛 すき煮
パプリカのピクルス
らっきょう 赤ワイン仕込み

鰤かまステーキ
白海老浜焼き
生姜の酢漬け
紅葉麩

とやまポークロースト
茗荷の酢漬け(富山県郷土料理)
厚焼たまご

紅ずわい蟹
とやま黒大豆枝豆
酢れんこん
錦糸たまご

大きく4つに分かれた「とやま弁当」、とにかく「富山を詰め込みました!」という意気込みを感じます。
富山県産コシヒカリを「酢飯」にしてあるのは、ますのすしの「源」ならではですね。

首都圏在住者からすると「富山の食=氷見のブリ、白えび、ホタルイカ、回転寿司」あたりがざっくりイメージ。
でも魚介1点勝負ではなく、肉系のおかずも入れてバランスを取っている点に、行政の企画らしさを感じます。
魚・2食材、肉・2食材でボリュームがあるので、女性なら2人くらいで食べ分けるのがちょうど良さそう。

いずれにしても富山県の税金を使って企画された駅弁、富山の食材を知るきっかけになっていて欲しいものです。
旅行者はもちろん地元の皆さんも、地元再発見の意味を込めて、ぜひ一度味わうべき駅弁ではないでしょうか。

bl160715-9(w680)

新幹線では味わえない風光明媚な景色を楽しめるのが在来線の旅。
ぜひ新幹線と組み合わせて、富山・新潟県境越えを体感してみては!?

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。