夏休み、親子で映画館デビューはドリーと一緒に…。『ファンディング・ドリー』 しゃベルシネマ【第37回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今週末は、海の日を含む3連休。
そこで今回の「しゃベルシネマ」では、海の仲間たちの友情と絆を描いたディズニーアニメ『ファインディング・ドリー』を掘り起こします。

あのニモの大冒険から1年後の物語が、13年ぶりに実現した!

01(w680) - コピー

カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、息子のニモを人間の世界から救出した冒険から1年。
3匹は平穏に暮らしていたが、ある晩、ドリーは両親との思い出を夢に見る。
昔のことはおろか、ついさっき起きた出来事さえも忘れてしまう、忘れん坊のドリー。

しかしこの夢をきっかけに、離れ離れになってしまった両親を探すことを決意。
「カリフォルニア州モロ・ベイの宝石」というキーワードを唯一の手がかりに捜索するうちに、海洋生物研究所に両親やドリーの出生の秘密があることを突き止める。

そこは、人間たちが海の生物たちを保護している施設だった…。

02(w680) - コピー

ピクサー・アニメーション・スタジオの大ヒット作『ファインディング・ニモ』の13年ぶりとなる続編。
今度の主人公は、前作の主人公マーリン&ニモ親子の親友で、ナンヨウハギのドリー。
彼女の家族を探すために繰り広げる冒険を描いています。

監督は前作『ファインディング・ニモ』や『ウォーリー』を手がけた、アンドリュー・スタントン。
キャラクターたちの可愛らしさは、さすがピクサー!これこそディズニー!!

…と、感嘆の声を上げてしまうほどの愛くるしさ。
私がもっともハートを掴まれてしまったのは、海洋生物研究所に暮らすラッコたち。
脇キャラではありますが、これがもう、ありえないほどキュートで目が離せないんですっ。

03(w680) - コピー

そして気になるのが、日本語吹替え版の声優陣。
マーリン役に木梨憲武、ドリー役に室井滋が前作から続投。
ストーリーのカギを握るタコのハンク役は上川隆也、泳ぎが苦手なジンベエザメのデスティニー役は中村アンが担当。
さらに、八代亜紀がアニメーションになって本人役として登場。

えっ、八代亜紀さんがアニメーションに? ドリーと共演???
まぁ、それは観てのお楽しみというコトで…。

この夏、親子で観てほしい映画No.1。その理由は…。

04(w680) - コピー

この夏話題になっている映画は多々あり、それぞれに見どころがありますが、私は本作を「親子で観る映画」としてオススメしたいです。
生き生きと泳ぎまわるドリーの仲間たちと、美しい海の中の風景。
感性の豊かな子どもたちが観たら、きっとその瞳もキラキラすることでしょう。

そしてもうひとつオススメする理由は、珠玉のセリフが散りばめられた映画だから。
前作『ファンディング・二モ』では、キャラクターたちが発する言葉の素晴らしさが公開当時、話題となりました。
本作『ファイディング・ドリー』でも、負けず劣らず珠玉のセリフが随所に散りばめられています。
それらは私たちに勇気を与えて背中を押してくれる一言だったり、誰かを思いやる気持ちに溢れたものだったり…。
子どもさんと映画を観ることで、“家族の大切さ”や“友情”について、一緒に話をする時間を親子で持てるといいですね。

05(w680) - コピー

思い返してみると、私も両親との映画館デビューはディズニー映画でした。
初めて足を踏み入れた映画館という暗闇の中、スクリーン狭しと繰り広げられるファンタジーワールドに、身も心も奪われて夢中で観たことを覚えています。

『ファインディング・ドリー』は小さなお子さんも楽しめるストーリーなので、是非、親子で一緒に“ドリーの冒険”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

06(w680)

ファインディング・ドリー
公開日:2016年7月16日(土) 全国ロードショー
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語吹替版キャスト:室井滋、木梨憲武、上川隆也、中村アン 他
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/dory.html

八雲さんキャプション