スポーツアナザーストーリー

阪神・メッセンジャー 「メッセのラーメン店」をプロデュースするほどのラーメン通

タグ

ランディ メッセンジャー 阪神

【プロ野球阪神対DeNA】阪神先発のランディ・メッセンジャー=2018年5月15日甲子園球場 写真提供:産経新聞社

先週、巨人と広島に4連敗を喫した阪神。巨人に抜かれて3位に転落し、日曜日のゲームが終わった時点で、借金1を背負ってしまいました。もし負けたら、このままズルズルと後退しかねない、昨日のDeNA戦。甲子園のマウンドに立ったのは、頼れるエース、ランディ・メッセンジャー投手でした。

筒香・ロペス・宮崎らを擁する強力DeNA打線を手玉にとり、8回まで無失点。完封ペースでしたが、9回、先頭バッターの桑原にソロホームランを打たれ、そこで降板。あとは守護神・ドリスが締めて、阪神が2対1で逃げ切り勝ち、連敗を4で止めました。これで勝率5割に戻し、メッセンジャーは、セ・リーグ単独トップの6勝目を挙げたのです。

まさに「エースの仕事」をしたメッセンジャーですが、お立ち台では、つねに謙虚さを忘れません。

「甲子園のファンの皆様の前で投げるのは最高! エネルギーをくださるので、我慢強く投げられたし、原口さんが打ってくれた」

と自分を差し置いて、お客さんとチームメイトを讃えました。

2010年に来日して、今年で9年目のメッセンジャー。来日1年目は中継ぎでしたが、先発に転向した2年目から去年までの7年間で、なんと6度も2ケタ勝利をマーク。積み重ねた日本での白星は、昨日の勝利で通算90勝に達しました。そして今年4月、1軍登録日数が基準に達し、国内FA権を取得。来年からは外国人枠を外れて日本人扱いになりますが、ということは、よそのチームへ自由に移籍できる、ということでもあります。

しかし、阪神ファンの皆さん、安心してください! ランディはこう言ってます。

「自分はキャリアを阪神で終えたい。よそに行くつもりは、サラサラないよ!」

そしてランディは、日本が大好き。中でも目がないのが「ラーメン」です。遠征先でラーメンを食べ歩き、中でも「とんこつラーメン」が大のお気に入り。なんと、その研究成果を活かした「メッセのラーメン店」が甲子園球場内にあって、自らプロデュースした「とんこつ醤油ラーメン」と「黒とんこつラーメン」はラーメン通も唸る味、と評判です。ピッチングも、ラーメンも本格派。

ランディ、どうか末永くタイガースにいてください!

5月16日 飯田浩司のOK! Cozy up!「スポーツアナザーストーリー」

聴き逃してしまったあなたは、下のバナーをクリックしてradikoのタイムフリーで聴いていただくことができます。

タイムフリー

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.