「ECO EDO日本橋2016~五感で楽しむ、江戸の涼~」江戸の頃を感じ、金魚大提灯を眺め金魚スイーツさんぽを楽しむ 【本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ】

こんにちは、本仮屋ユイカです。毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ。月曜日は好奇心くすぐる旬の情報をお届けいたします。

夏、今年の暑さはどれほど続くのか気になるところです。
日本には江戸の頃から打ち水や夕涼みなど、夏を涼しくための様々な知恵がありました。
今日はそんな涼をとる工夫を現代風にアレンジしたイベントのご紹介です。

東京の日本橋地区で7月8日金曜日から開催されている「ECO EDO日本橋2016~五感で楽しむ、江戸の涼」です。

main_ecoedo2016(w680)kingyo_chouchin_01(w680)
【画像】ECO EDO日本橋2016~五感で楽しむ、江戸の涼 HPより(2枚目は金魚大提灯パースイメージ)

五感で楽しむとあるように風鈴の音や金魚柄の巨大提灯、1,000匹の金魚が大きな金魚鉢で泳ぐアートアクアリウムをはじめ、視覚、聴覚、味覚などを通じて涼しさを感じられる演出が街のあちこちにされているといいます。

kingyo_sweets_01(w680)
【画像】ECO EDO日本橋2016~五感で楽しむ、江戸の涼 HPより

なかでも今回はじめての試みというのは金魚スイーツさんぽです。
日本橋人形町エリアにあるお店55店舗が金魚をモチーフにしたスイーツメニューでお出迎え。
ゼリーの中に羊羹で作った金魚が泳いでいたり、金粉で描かれた金魚がいたりと、金魚スイーツのはしごも楽しめるということです。

<本仮屋さんの感想>

これはカワイイ!
「金魚がスイーツになるんだ、へえ~」くらいの気持ちだったけど、ごめんなさい、そんな気持ちでいて。もう、本当に涼やかでキュート。これは回ってみたい。いくつも行ってみたいです。

いくつか写真があるのですが、ゼリーがいいな。ゼリーの水の中を泳いでいる感じがたまらなくカワイイ。
あと、エクレアとか羊羹、クリームソーダ風のもの、パフェ風なものとかいろいろあります。歩いて暑くなるたびにお店に入りそうですね。

他にも金魚提灯がゆらゆら揺れる涼金魚提灯船とか日本橋金魚すくいグランプリなどもあるようです。
いいですね、金魚すくい!私好きです。いつも破れて一度もすくったことないのですが…。

これから夏ならではのイベントがたくさん増えてくると思います。
ご紹介した「ECO EDO日本橋」は7月8日から9月25日まで。

金魚で納涼、いいですね。暑さ、がんばって乗り切りましょ!

ECO EDO日本橋2016~五感で楽しむ、江戸の涼

〈金魚スイーツさんぽ〉
老舗から人気店まで合計58店舗が、金魚にちなんだオリジナルスイーツをご用意!
食べてもらえるスタンプを3つ集めると、豪華景品が当たる抽選会に参加できます。
※スイーツは個数に限りのある場合がございますので、入店時に必ずご確認ください。

開催期間:7月8日(金)~ 9月25日(日) ※参加店舗によって期間は異なります
場所:日本橋各所
営業時間、定休日:参加店舗により異なる
スタンプラリー抽選会場:日本橋案内所(コレド室町1 地下1階)
詳細PDF:http://www.nihonbashi-tokyo.jp/special/ecoedo2016/kingyo_sweet.pdf

(2016/7/4 放送分より)

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
毎週月曜~金曜 ニッポン放送15:36~ ABCラジオ14:54~