ますのすしにも「あっさり」と「こってり」がある~富山駅「W7系北陸新幹線開業記念・特選ますのすし小丸」(1,300円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160711-1(w680)

開業2年目も好調と伝えられる「北陸新幹線」。
E7(W7)系新幹線が12両編成で、東京~金沢間を最速「2時間半」で結びます。
東京駅で見られる「金沢」という行先もすっかり日常の風景となりました。
東京以上に速達効果が大きいと思われるのが、大宮駅を使える埼玉、東京の城北・城西エリア。
「かがやき」なら大宮~長野間は50分台、大宮~富山間は1時間40分台で結ばれています。

bl160711-2(w680)

どうしてもトンネルが多い「北陸新幹線」の新規開業区間。
数少ない車窓の中で美しいなぁと思うのが、飯山駅(長野県)直前で千曲川を渡るところ。
この辺りは唱歌「ふるさと」に唄われた所でもあり、まさに日本の原風景を新幹線から望むことが出来ます。
飯山停車の「はくたか」なら、列車が減速しているので、ゆっくりと景色を見られることでしょう。
もちろん飯山駅では、発車メロディとして「ふるさと」が流れます。

bl160711-3(w680)

北陸新幹線のE7(W7)系は、普通車でも全席に「電源コンセント」が付いています。
ただ、携帯電話の電波が届く区間は、高崎以北ではまだ短いのが正直なところ。
既に高崎、金沢双方から工事が始まっていますが、どんどん進めて「北陸新幹線」の魅力アップに繋げてほしいものです。
ちなみにケータイつながりで、東京~富山・金沢の北陸新幹線1人利用で最安なのは「モバイルSuica特急券」の「スーパーモバトク」。
紙のきっぷの通常料金に比べて「2,000円前後」安くなり、駅弁とお茶、お酒分を捻出することが出来ます。
(JR東日本のサイトで「比較」が出来ます)

bl160711-4(w680)

「北陸新幹線」は”駅弁新幹線”と呼びたくなるくらい有名駅弁が多い新幹線でもあります。
髙崎「だるま弁当」、軽井沢「峠の釜めし」、上越妙高「鱈めし」・・・ときて、富山で待ち受けるのはご存知「ますのすし」。
JR富山駅構内には、中央改札前の売店や上り(東京方面)ホームの売店に「ますのすし本舗 源」の売店があります。

bl160711-5(w680)

駅弁の「ますのすし」の中で、北陸新幹線開業と共に誕生したのが「W7系北陸新幹線開業記念・特選ますのすし小丸」。
源の「ますのすし」には、様々なタイプがあります。

(素材のランク)
「ますのすし」→「特選ますのすし」→「伝承館ますのすし」

(容器のランク)
「小箱」→「小丸」→「一重(ココが基本)」→「二重」

「特選ますのすし」のちょっと小さいバージョンが「小丸」という訳です。

bl160711-6(w680)

北陸新幹線開業記念ということで、包装の側面に「W7系」が描かれているのが特徴。
北陸新幹線には「E7系」と「W7系」が使われていますが、見た目も乗った印象も違いはほとんど感じられません。
見た目で気づくのは「EASTとWESTの違い」くらい。
シンボルマークの下が「EAST JAPAN RAILWAY COMPANY」ならJR東日本の「E7系」、「WEST JAPAN RAILWAY COMPANY」ならJR西日本の「W7系」です。
乗って初めて気が付くのは、自動放送の「チャイム」の違い。
「E7系」は上越新幹線と共通のオリジナルチャイム、「W7系」は特急サンダーバードと共通で谷村新司さんの「北陸ロマン」が流れます。

bl160711-7(w680)

「ますのすし」の何がイイって、木のわっぱを開けた瞬間にフワッと漂う「木と笹とます」の入り混じった匂い。
コレが強烈に食欲をそそるんです!
食欲を必死でこらえながら笹を1枚ずつ剥いだ瞬間、パァ~ッと目の前が明るくなるサーモンピンク!!
このギャップがヤミツキになります。
望月にとっては、富山に来たら一度はやらないと気が済まない”通過儀礼”のようになっています。

bl160711-8(w680)

ただ・・・「ますのすしと特選ますのすしって、どう違うの?」という疑問が湧いてきた人もいるハズ。
「源」のウェブサイトでは、「特選ますのすし」についてこんな説明をしています。

「一本の鱒に少ししかない旨味が濃いとされる部位において、味・色・脂ののりなど全てクリアした身だけで作りあげました。身の柔らかさと脂ののりがひときわ感じられる逸品です。」

う~ん・・・イマイチ分からないなぁと思って「ますのすしミュージアム」の方に伺ってみました。

「そうですね、カンタンに言いますと『あっさり』か『こってり』かということです」

エッ!「ますのすし」にも「天下一品」みたいに「あっさり」と「こってり」があるの???
訊けば、食感があっさりなのが「ますのすし」、少し濃厚なこってりした食感になるのが「特選ますのすし」だそうです。
確かに、このたとえは分かりやすい!!
さすが、多くのツアーのお客さんを受け入れている「ますのすしミュージアム」の方だけあります。
「ますのすしにも、あっさりとこってりがある」・・・今日の教訓です!

bl160711-9(w680)

「ますのすし」のアレコレについては、近日中に「ますのすしミュージアム」の話題と共にアップ予定ですのでお楽しみに・・・。
今回は「北陸新幹線」を富山で下りて、「源」の駅弁と共に富山の鉄旅を満喫していきますよ!

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。