しゃベルシネマ

熟年世代も恋がしたい!『ロンドン、人生はじめます』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第396回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、4月21日から公開となる『ロンドン、人生はじめます』を掘り起こします。


ダイアン・キートンに学ぶ、ステキな人生の重ね方


ロンドン郊外、ハムステッドの住宅街。高級マンションで暮らすアメリカ人の未亡人エミリーは悠々自適な一人暮らしを送るはずが、さまざまな問題に直面していた。

夫が他界した後に発覚した浮気や借金の問題、減っていく貯金、老朽化したマンションの修繕費用、上辺だけのご近所付き合い…といったことに振り回され、心が満たされずにいた折、エミリーは自然に囲まれた手作りの小さな家で暮らすドナルドに出会う。

出会った当初こそお互いに警戒し拒絶感を抱く二人だったが、頑固だけど暖かいドナルドの人柄に、エミリーは次第に惹かれていく。ところが彼の家は不動産の開発業者の標的となり、不法占拠を理由に立ち退きを迫られることになり…。


大人の恋愛を描いた映画は数あれど、これほどまでにハートウォーミングでロマンティックなラブコメディにはなかなか出会えないのではないでしょうか。『恋愛適齢期』『アニー・ホール』のダイアン・キートンと『ハリー・ポッター』シリーズなどの名優ブレンダン・グリーソンが共演。

『新しい人生のはじめかた』のジョエル・ホプキンス監督が、ホームレスの男性が一夜にして資産家になったという実話をもとに描いた『ロンドン、人生はじめます』は、人生をやり直すのに年齢は関係ないのだということを教えてくれる、そして年齢を重ねることがちょっぴり楽しみに思えてくる感動作です。


庭でのディナー、気ままな読書、森でのピクニック、池でのんびり楽しむ釣り。人生の酸いも甘いも嚼み分けた大人のカップルを演じるダイアン・キートンとブレンダン・グリーソンの会話はウィットにあふれ、実にチャーミングでユーモラス。

とりわけダイアン・キートンの佇まいが美しく、マニッシュなファッションを着こなして街を闊歩する姿にウットリ。帽子の被り方やスカーフのさり気ないアレンジが『アニー・ホール』を彷彿させるようで、相変わらず年齢を感じさせない魅力的な女優さんです。

いつまでも好奇心を失わずしなやかに生きるエミリー役は、ダイアン・キートンそのもの。映画ファンが観たかったダイアン・キートンをスクリーンで堪能することが出来ますよ。


ちなみに物語の舞台となっているハムステッドは、ロンドン最大の公園であるハムステッド・ヒースとオシャレなショップなどが並ぶハムステッド・ハイ・ストリートを中心とした緑の多い地区。古くから文人が多く住み、いまでも多くの著名な俳優やミュージシャンが暮らす場所として知られています。あの『ノッティング・ヒルの恋人』のロケ地としても有名です。

美しい街の景観を楽しむことが出来るのも、本作の大きな魅力。エミリーやドナルドと一緒に、散策気分を味わってみてはいかが。


ロンドン、人生はじめます
2018年4月21日からシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
監督:ジョエル・ホプキンス
出演:ダイアン・キートン、ブレンダン・グリーソン、レスリー・マンヴィル、ジェームズ・ノートン、ジェイソン・ワトキンス ほか
©2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト http://www.synca.jp/london/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.