このエントリーをはてなブックマークに追加

超楽しみながら「コミュ障」克服できちゃうかもしれないスポットが、群馬にあるらしい!?

今週の「ミューコミプラス」は「コミュ障克服ラジオ」・・・

<検証>

「地図に載らない、ウワサを探せ!ルートハンター」は、

ニッポン放送・ミュ~コミプラス・リスナーのアイデアをもとに、

「ドライブの楽しさを広める」ために作られたサイト。

毎週月曜深夜24:30ごろの放送と連動して、

キミから送ってもらった街の「ウワサ」を、

番組スタッフが現地へ行って、徹底追跡!

今週は(RN:おうちゃん)が教えてくれた、

「超楽しみながら、コミュ障克服できちゃうかもしれないスポットが、

「群馬」にあるらしい~!?」というウワサを検証しに、

ルートハンター号は圏央道経由で群馬へ!

日本初のコミュニケーション学部!~東京都国分寺市「東京経済大学」

今回は「コミュ障」克服できちゃうかもしれないスポットを、 東京から群馬にかけてドライブ! まず、中央道経由で目指すのは、東京・国分寺市にある「東京経済大学」。 コチラのコミュニケーション学部は、20年前の1995年に、 日本で初めてのコミュニケーション系学部として開設され、 実は「カタカナの名前の学部」も初めての学部。 文系では初めてのインターンシップを取り入れるなど、 コミュニケーション研究の先駆けになっている。 特に6号館(画像中央)は、学部の創設と共に建てられたシンボル的存在だ。

農家の皆さんと食のコミュニケーション!~埼玉県狭山市「圏央道・狭山PA(サヤマテラス)」

圏央道の開通で、東京・多摩エリアや神奈川エリアからも 関越道へのアクセスは、だいぶ楽になった。 そんな圏央道(外回り)の「狭山PA」には「サヤマテラス」の愛称が。 実はココ、地元・埼玉県産の小麦を使った「肉汁うどん」や、 地元の狭山茶を味わえる場所なのだ。 意外と知られていないが、東京・多摩や埼玉南部は、 四国・讃岐に勝るとも劣らない「うどん」地帯。 しかも、地粉を使っているお店も多いので、 地元の農家の皆さんと「食」を通じたコミュニケーションが 図れるエリアといえるかもしれない。

200畳の露天風呂で裸のコミュニケーション!~群馬県みなかみ町「宝川温泉」

圏央道から関越道へ入って、一気に水上ICまで北上! 国道291号を経由して目指すのは、群馬県みなかみ町の「宝川温泉・汪泉閣」。 ココの露天風呂は、とにかく広いことで有名。 特に「子宝の湯」(画像:宝川温泉提供)は、 およそ200畳の広さを持つ露天風呂で、裸のコミュニケーションが楽しめる。 この「宝川温泉」と、先月に番組HPで紹介した「法師温泉」は、 映画版の「テルマエ・ロマエⅡ」のロケが行われた場所としても有名。 最近は外国人観光客の人気も高いので、あの主人公のような風体の方も多く、 異文化コミュニケーションも図れそうな露天風呂となっている。

コミュニケーション力がカギの犬ぞり!~群馬県みなかみ町「水上高原スキーリゾート」

宝川温泉からクルマで10分も走らせた所にあるのが「水上高原スキーリゾート」。 ココでは、本州ではココだけともいわれる「犬ぞり」が有料で体験できる! 実は犬ぞり、犬とのコミュニケーションがうまく取れないと、そりは一向に動かない。 そのため、犬ぞり体験の最初は「犬と仲良くなる」ところからスタート。 犬にも、自信をもって「これからよろしくね!」という気持ちを伝えないといけない。 いざ、走り出せば、そのパワフルな犬たちの頑張りに感動! 雪原を吹き抜ける冷たい風が、爽やかな風に感じること間違いない。

実はディスクドッグ界の第一人者が指導してくれる!~「水上高原スキーリゾートの犬ぞり体験」

実はこの「犬ぞり体験」を指導してくれたのは、ディスクドッグの世界トップクラスのアスリート・平井俊介さん。 実は平井さん、人間がフリスビーを投げ、犬がキャッチすることでポイントを競う アメリカ生まれの競技『ディスクドッグ』で、全米選手権を3連覇したスゴイ人! 野球で言えば、イチロー選手くらいスゴイ人と言っても過言ではない。 しかも、昭和村で「ドグタウン工房」を開いているご家族は、 お父様が世界選手権優勝。弟さんが世界選手権準優勝。奥さんがヨーロッパ選手権優勝。 家族ほとんど、ディスクドッグ界の世界トップクラスというものすごいお宅なのだ! 犬とのコミュニケーションの図り方は、やはり犬をよく見て、世話をして遊ぶこと。 犬ぞりで走っている最中は、犬が引っ張るラインの張り、耳やしっぽなどの仕草、 走り方などで調子を判断しているという。 ちなみに、犬ぞりを組ませられるまでにおよそ1年。 世界トップクラスの息の合ったプレーが出来るまでに、およそ4年かかるそうだ。
結論
「群馬のコミュ障を克服できそうなスポット」とは、みなかみ町の 「水上高原スキーリゾートの犬ぞり体験」だった。 実は犬にも、人間同様の「コミュニケーション力」が必要だった!
今回のルート(走行距離: 2 4 3 km)
東京・有楽町ー霞が関ー首都高速~中央自動車道ー調布IC-国道20号(甲州街道)-新小金井街道ー国分寺市「東京経済大学(国分寺キャンパス)」ー府中街道ー国道20号(甲州街道)-国立府中IC-中央自動車道ー八王子JCT-圏央道(外回り)-狭山市「狭山PA」ー圏央道ー鶴ヶ島JCT-関越自動車道ー水上ICー国道291号~県道63号ーみなかみ町「宝川温泉」-県道63号ーみなかみ町「水上高原スノーリゾート(犬ぞり体験)」
このエントリーをはてなブックマークに追加