このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉には海の真ん中に・・・いっぱい「電信柱」が立っている所があるらしい!?

ルートハンター号、久々の千葉!

<検証>

「地図に載らない、ウワサを探せ!ルートハンター」は、

ニッポン放送・ミュ~コミプラス・リスナーのアイデアをもとに、

「ドライブの楽しさを広める」ために作られたサイト。

毎週月曜深夜24:30ごろの放送と連動して、

キミから送ってもらった街の「ウワサ」を、

番組スタッフが現地へ行って、徹底追跡!

今週は、学生の(RN:ショウ)くんが教えてくれた、

「千葉には海の真ん中に、いっぱい電信柱が立っているらしい」という

ウワサを検証しに、ルートハンター号が千葉方面へ出動!


より大きな地図で 木更津・海の中の電柱 を表示

ルートハンター号、アノ橋を渡って千葉へ・・・

今日も今日とて、ルートハンター号は、 東京・有楽町のニッポン放送前から出発! このところ、仕事以外にプライベートでもルートハンター号に乗っているが、 前と比べて燃費が良く感じるのは、やはりブリヂストンが誇る低燃費タイヤ 「ECOPIA EP100」のお陰か!? てなわけで、今日も軽快に首都高湾岸線からアクアラインを目指す!

日本唯一の海上パーキングエリア・海ほたる!

羽田空港と多摩川の河口を長いトンネルで越えると、 首都高速湾岸線・浮島JCT。 ここから東京湾アクアラインの10キロに及ぶ長いトンネルへ入る。 “1000円高速”が廃止されてもアクアラインの“800円”は継続中! これから出かけるなら、やはり「千葉」かも!? そんなことを思い浮かべながら長いトンネルを抜けると おなじみ「海ほたる」! 海の上の電線ということでヒントはないか、 「海ほたるPA」に寄り道。 ココ、日本唯一の海上PAというのは知られているが、 意外と知られていないのは・・・日本で唯一 「ゲーセンのあるパーキングエリア」でもある。 海ほたる限定プリクラなどが人気で、私が訪れた日には、 ゲーセンの割引券なども配布されていてお得に楽しめた。 思わず時を忘れて、ゲームのほうに熱中してしまうかも!?

木更津の本格派カレー「山麓本店」!

アクアラインを渡り、アクアライン連絡道の袖ヶ浦ICで降りて、 「国道16号」で木更津の市内を目指す。 実は「国道16号」と木更津駅東口の間、木更津東高校の近くにある、 知る人ぞ知るカレーのお店「山麓本店」に立ち寄り。 木更津周辺では知らない人はいないという、30年以上の歴史ある有名店だ。 ランチタイムは、辛さが「横綱~十両」で分かれ、価格もそれに比例。 ただし十両でも、普通のカレーの「中辛」というくらいなので、 最初は十両から徐々に馴らしていくのがいいかも!? 雰囲気のいいお店とイケメンの店員さんが心地よく接客。 よく煮込まれたスパイシーなカレーと、ごろりと転がる肉に舌鼓。 人気があるのも納得。木更津に行った機会には、また立ち寄りたい。 ■「山麓本店」木更津市木更津3-6-7 電話:0438-22-3383

日本一の歩道橋! 中の島大橋!!

もはや木更津のシンボルといってもいい日本一の歩道橋「中の島大橋」。 木更津港にある「赤い橋」だ。高さ27m、長さ236m。 港に入る船のためにとても高い。 「木更津キャッツアイ」の影響もあって、去年「恋人の聖地」に認定された。 男性が女性をおんぶして橋を渡ると“結ばれる”とか!?

木更津・江川海岸にあった「海の中の電柱」!

自衛隊の脇から、潮干狩りで有名な江川海岸に沿ってやってくると、 ついに発見「海の中の電柱」! 陸地から沖の君津の工業地帯のほうへ向かって、ズラッと電線が伸びていて、 満潮になると海の中から電柱が生えているように見える。 近くに「ホテル三日月」も見えることから、 てっきり龍宮城へ向かう電柱かと思いきや・・・ 実はこの辺り、アサリやノリの産地。 観光協会の方によると、海の真ん中に「監視小屋」があって、 ココへ電気を送るために電気が引かれている。 コレ、夕暮れになると海が赤く染まる絶景になるということだが・・・、 あいにく梅雨時のため、どんよりとした空模様。 それでも、対岸の君津の工業地帯や湾岸に街の明かりが灯れば、 結構“工場萌え”な景色が楽しめるかもしれない。
結論
「海の中の電柱」は、木更津の「ホテル三日月」の近くにあった! しかも、夕日が美しい、絶景スポットだった!
今回のルート(走行距離: 6 3 km)
東京・有楽町ー首都高速-浮島JCT-東京湾アクアラインー「海ほたるPA」-袖ヶ浦IC-国道16号ー「山麓本店」-「中の島大橋」-県道87号ー「江川漁港(海の中の電柱)」
このエントリーをはてなブックマークに追加