看板娘ホッピー・ミーナのHOPPY HAPPY BAR
まもなく一日が終わろうという夜10時前。
ホッと一息ついているアナタに向けて、ホッピー・ミーナが、明日の活力を充電するための秘訣を届けます。
ホッピー・ミーナとは、ホッピーのPRのために日本全国を駆け回っている“空飛ぶ看板娘”こと、ホッピー・ビバレッジの代表取締役社長・石渡美奈。
垣花正アナウンサーと一緒に、軽快で元気なトークと、聴くだけでハッピーになる話題をお送りしていきます。

番組に対するご意見はhoppy@1242.comに

Hoppy Happy Bar ポッドキャストはじめました!
HOPPY
ラジオ大阪 東海ラジオ
石渡 美奈(いしわたり・みな)
68年、東京生まれ。90年立教大文学部卒、日清製粉、広告代理店を経て97年に家業のホッピービバレッジ(旧コクカ飲料)に入社し広報宣伝を担当。2010年に社長に就任。
垣花 正(かきはな・ただし)
1972年、沖縄生まれ。ニッポン放送アナウンサーとして入社以来、昼間から深夜までの様々な番組を担当。人懐っこい性格で、幅広い層のリスナー、特に熟年女性からの人気を掴んでいる。
インターネットで聴く
11/172016年〜NY.曠奪圈爾離▲瓮螢向けラベルデザインの巻 bacnumberlist

昨日の放送では10月22日にNYで開催されたイベント
「ホッピー・ナイトアウト」について紹介しましたが、
その日ホッピーのアメリカ向けラベルデザインがお披
露目されました。


そのデザインを手がけたのは、今週スペシャルゲスト
として番組に登場しているアートディレクターのFUKO
CHUBACHIさん。ラベルをデザインするにあたっての
こだわりを語ってくださいました。

FUKO:ホッピーの"ホ"の字って凄くかわいいっていう
話になったんです。
元々"ホッピー"っていうカタカナが可愛いんですけど。
私ニューヨークに14年いて、もうすぐ15年になるんで
すけど、何年も日本のクライアントさんアメリカのク
ライアントさんを見ていると、日本らしさって何だろ
うってよく考えるんです。
そしたら、漢字よりもカタカナなんですよ。漢字って
チャイニーズキャラクターって英語で言うくらいなので
中国語のイメージがあるんですね。だけどカタカナって
日本にしかない。勿論ひらがなもそうですけど。
ただ、カタカナの方が凄く日本っぽさが出るんですよ。


出来上がったラベルは、クラシックでレトロで凄くかわ
いいものに仕上がっているそう。
ミーナさんがずっとやりたかったことの一つ、アメリカ
向けのホッピーラベルデザインの変更が完了し「NYを中
心にアメリカへ広めていきたい」と市場拡大に期待を
膨らませていました。
 

ネクストナンバー ページトップへ バックナンバー