アナLOG 月 > 煙山光紀 火 > 洗川雄司 水 > 師岡正雄 木 > 大泉健斗 金 > 山田 透 土 > 山内宏明 日 > 森田耕次
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<< >>
ショウアップナイター
サッカー
携帯でも楽しめる!
松本秀夫のやぎメール
12月8日
|| 聴いてみようFM93.0。
冷たい空気ですな。


ども。
38歳・身長157センチ・独身の
洗川雄司でございます。


きのう、ニッポン放送をはじめ
首都圏の民放AMラジオ3局は
東京スカイツリーから送信する
『ワイドFM』(FM補完放送)をスタートしました。

ニッポン放送は
AM1242KHz(キロヘルツ)のみならず、
FM93.0MHz(メガヘルツ)でも
聴くことができるようになったのです。


こりゃ大変だ。
小生も深みのあるエロいボイスで
しゃべらなくては。


…ムリですね。ハイ。


まぁ、でも
きのうの特別番組でも
寒風吹き荒ぶ横浜スタジアムから
『ナイター速報チャイム』を鳴らしてみたりしながら
お伝えしましたが、
スポーツ中継の臨場感は格段に上がるわけです。
(すでに中継をやっているFM局もありますが…)

「音がイイのは『radiko』も同じでしょ」、と言われますが、
ちょいと技術的なことを申しますと
FM放送の方が、かなり広くて深い範囲の音声を
お送りできるんですよ。

radikoは音声データを圧縮している分、
ノイズが発生しやすいわけでして、
一方、FM放送は周波数変調によるもので、
音声データの圧縮で送る方式ではございませんので、
…って何のことやらわかりませんね。

申し訳ございませんm(_ _)m
子どものころ、
ループアンテナで遊ぶようなオタクだったもので…。

まぁ、とにもかくにも
高音質でなおかつステレオ。

「うわ!レフトスタンドのファンがざわざわしてる!」とか
「あっ!ニッポン放送の時報は
左(ピ)・右(ポ)・左(ピ)・右(ポ)・
左(ピ)・右(ぽ)・両方(ポーン!)なんだー」
ということが、よりリアルにおわかりいただけるのでは、と。
かつてのAMステレオよりも、
さらにクリアに楽しめるハズです。
(またマニアックなことを申し上げましたm(_ _)m)

先週、『Jリーグチャンピオンシップ』を
2日間にわたってお送りしましたが、
ニッポン放送のサッカー中継でおなじみの
「あなたのラジオ、向かって右が〜」というフレーズ。

お聴きのあなたに
来季はもっと強くイメージしていただけると思います。


そのうち進化したら
『バイノーラルマイク』で収録…ってこともあるのかなぁ。

このマイクは人の顔の形をしていたりするんですが、
われわれ人間の耳で聴き取ったかのような音で
収録することができるんですよ。

すでにアチラの世界のDVDでは
実用化されてもおりまして、
このマイクでもって、
女優さんの息づかい・耳元で囁く台詞も
リアルに収録されているのでございます。


これをFMでも…。
…実現できるワケないか。


とにもかくにもニッポン放送の『FM93.0』、
よろしくお願いいたしますm(_ _)
<< back next >>