アナLOG 月 > 煙山光紀 火 > 洗川雄司 水 > 師岡正雄 木 > 大泉健斗 金 > 山田 透 土 > 山内宏明 日 > 森田耕次
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<< >>
ショウアップナイター
サッカー
携帯でも楽しめる!
松本秀夫のやぎメール
11月27日
|| 敏感で鈍感、だから〜今がある。
我が秋田が生んだ
偉大なる小さな大投手
【ヤクルトの石川雅規投手】

今年のスワローズ優勝の大原動力でした。
《特に勝負所の夏場から9月戦線にかけて》


昨日、某局の新春特番で対談し
野球の原点から、今までを色々な角度で聞きました。


ポイントです。
『 敏感なんですよね、そして鈍感なんですよ 』



山田アナが
『 その小さな身体(167 )で14年間で144勝、二桁勝利が11回、
故障、怪我、というのがほとんど無かったですね〜 』の質問対し
石川投手
『 身体を強くするために練習しかないんです。だから12月31日まで練習して
1月2日からスタートします。そうじゃないと不安で......。』
山田アナ
『 練習し過ぎじゃないんですか? 』
石川投手
『 僕、敏感なんですよ、そして鈍感でもあるし〜 』



つまり、これ以上やると故障するかもという所でストップがかかる。
《 これが敏感 》
でもいざはじまると我を忘れてどんどんと進む
《 これが鈍感 》



雪深いとこでの冬の練習は
雪でも雨でも練習あるのみ。

新雪のなかの雪中うさぎ飛び
カチンカチンのアイスバーンでのダッシュ。

原点は『 父とのキャッチボール 』
構えた所に投げないと取ってくれなかったお父さん。

だからあの絶妙のコントロールが出来上がった
山田アナはそう感じました。

めざせ山本昌!
あと14年は現役で頑張れる。
その為には


【 敏感力、鈍感力 】です。




さて先週の『その後の1週間』からまた一週間経ちました。
山田君はというと
ゼク7売って赤eggにし25・26雨のラウンドをやったあと
赤eggをスパッと打ってゼク8へ!
シャフトがRからSRへ、昨日250発打ちました。
固い、飛ばない、また困ってます。



この間の差額は2万円くらい。
ゼク9のRにするにはガンガン働きゃないと..........。




2015年11月27日金曜日
1日遅れ
ニッポン放送ショウアップナイター
山田とおる




<< back next >>