アナLOG 月 > 煙山光紀 火 > 洗川雄司 水 > 師岡正雄 木 > 大泉健斗 金 > 山田 透 土 > 山内宏明 日 > 森田耕次
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<< >>
ショウアップナイター
サッカー
携帯でも楽しめる!
松本秀夫のやぎメール
3月31日
|| 新パワプロは開幕間近!
清水久嗣です。

プロ野球が開幕しました!
さっそく、新しい選手の活躍も目立ちます
先週ご紹介した定番の野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」の
選手能力にも影響がでそうな感じです。

特に中日のビシエドあたりはアップデートされそうですね(笑)

さて、先週は
発売まで1か月をきった最新作の「パワプロ2016」http://www.konami.jp/pawa/2016/
のKONAMIのパワプロ開発チームを取材。

「先週は選手能力がどのように決められているか?」をお伝えしました。

選手能力がリアルな野球ゲームには欠かせないのはよくわかりましたが
今回取材を進めると最新作のパワプロには
能力だけではない開発チームの大きなこだわりを聞くことができました!


それは野球ゲームの基本的な部分の見直しをはかること。

そして野球の「気持ちいい」プレイ感覚を徹底的に追求したそうです。


例えば打った時の「打球感」や「打撃音」なども深く追求したという今作。

開発チームの方によれば
「とらえたときの『気持ち良さ』がだいぶ変わってると思います。」とのこと。

ほかにバッテリーについても
「球速の調整も行いました。速い球を「速いな!」と感じて楽しいと思います。
捕手の『取る音』や『取った時の動き』もこだわって、
投手をやっている時の気持ち良さがアップしていると思いますよ。
ちょっとしたことで変わるのですが、結構こだわってます!」
と力を込めて話していました。
どんな感覚なのか期待がふくらみます!

「テレビゲームなので、ボタンを押すだけ動作にボールのなので重さの感覚はないのですが、
 画面と音の演出によって、どうやって捉えたか伝えるか研究してこだわった」という今回のパワプロ。

まさにプロフェッショナルな開発チームの細かい部分のこだわりが、
よりリアルな野球ゲームの開発に生きていることを実感しました。

あ、そうそう
今シーズンからプロ野球に導入された
本塁クロスプレーのコリジョンルールについても伺ったところ
「プロ野球選手からブロックと体当たりの特殊能力は外しました。」と
さすが素早い対応、そしてルールには厳格に。といったところでしょうか?

ただ、「ペナントの内容次第ではもっと調整していくかもしれません。」ということで
あくまで本物のプロ野球次第でパワプロも進化していくようです。

「人数もかけて、ずーっと野球ゲームを作っている。恐らく日本で一番研究をしている」という
パワプロ開発チーム。
取材をして納得です。
その結晶とも言うべき「実況パワフルプロ野球2016」は4月28日発売です。

今回はオリジナル選手を育成するサクセスモードが20周年の「サクセス祭り」
と題して試合のプレイ以外にもボリューム満載。
「しばらくパワプロをお休みされていた方にもおすすめします。」と
開発チームの皆さんも自信を持って話していました。

パワプロの開幕まで1ヶ月を切りました。
それまでは最新作の情報をチェックしつつ、
携帯アプリで楽しみたいと思います!
<< back next >>