アナLOG 月 > 煙山光紀 火 > 洗川雄司 水 > 師岡正雄 木 > 大泉健斗 金 > 山田 透 土 > 山内宏明 日 > 森田耕次
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<< >>
ショウアップナイター
サッカー
携帯でも楽しめる!
松本秀夫のやぎメール
6月21日
|| 薬のむ。

  その昔、‘富山の薬売り’というのがありました。
  
  子供の頃で、
  思い出せないことがほとんどですが、多分富山から
  来るんでしょうね。

  今でも富山は薬の研究では一歩リードしているようです。

  薬売りの
  おじさんが、いく種類もの薬がに入った小さな薬箱をおいていくんですね。
  
  傷薬やかゆみどめ、おなかの痛みどめといった薬が入っているんですね。、 

  で、一か月だか、二か月だかたつとまた来てくれて
  薬箱の中に入っていた薬を補充していくんです。

  そのときに、使かった分の料金を徴収していくんです。

  母がきっと重宝していたんでしょうね。
                                                    効能は、わからないんですが、實母散とかいう                             薬があって
  母がのんでいたのかな。                          


  
  いままで、おかげさまで、薬のお世話になったことは
  少なかったんですが、

  帯状疱疹になって薬を飲み続けています。
  二種類から、今はビタミン剤のみですが
  なんやかや二か月になりますかね。

  
  二か月は長いなぁー。
  そろそろ、終わります。

  
       鳴きながら遅れるカラスつゆ曇り


                日曜日担当の宮田でした。
            
<< back next >>