アナLOG 月 > 煙山光紀 火 > 洗川雄司 水 > 師岡正雄 木 > 大泉健斗 金 > 山田 透 土 > 山内宏明 日 > 森田耕次
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<< >>
ショウアップナイター
サッカー
携帯でも楽しめる!
松本秀夫のやぎメール
5月13日
|| 人生に光と影あり
真夜中に久々に雑俎とした本棚に目をやった。


手にした本は
【 木漏れ日 】

元NHKの名スポーツアナウンサー野瀬四郎さんが
自身の半世紀を綴った本だ!


【 光があるから影ができる 】


けだし名言。



陽の光を浴びっぱなしの人生は
晩年 日は陰り、順風は止まり、
深い森の中に入って道を失ったかなのような心境に!



序文にそう書かれてあった。



我が人生に置き換えると
山あり谷あり丘越えて、
転落から這い上がる今日ここまで。



このあと残り少ない残存期間がどうなるかは?
〇〇のみ知るである。



ズバッと、バシッと言葉にするタイプの私
時には成功、ある時には失敗を繰り返す。



本の中で 〈 ことば加減 〉という部分に興味深々だった。


一言多くてもいけないし
逆に足りなくて間に合わない、伝わらない時も………。


言葉のプラス、マイナスが塩梅よく行き届いてイコールになるのが
〈 ことば加減 〉と言うらしい。



加減とは?


加えること、減らすこと
程よく調節する事 〈 湯加減、味加減、〉
程度・具合を表す 〈 利口さ加減、馬鹿さ加減、減り加減 〉
状態を表す 〈 お加減は如何ですか? 〉

と、辞書にあった。




つまり、私は加減を知らず、突っ走る時がある。



なので、光と影が多過ぎるのかもと反省したりして。



ふと手にした大先輩の本からまたまたヒントを頂きました。




眠い、眠い、寝ます。




明日は大変な1日に………。
13日の金曜日です。



2016年5月13日の金曜日AM425
や ま だ と お る






<< back next >>