アナLOG 月 > 煙山光紀 火 > 洗川雄司 水 > 師岡正雄 木 > 大泉健斗 金 > 山田 透 土 > 山内宏明 日 > 小永井一歩
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<<
ショウアップナイター
サッカー
携帯でも楽しめる!
松本秀夫のやぎメール
日曜競馬ニッポン
3月3日
|| オーシャンステークス
競馬を知った日。

2008年3月8日、土曜日。
第3回 夕刊フジオーシャンステークス。

私は12歳で、小学生から中学生になる直前。
趣味である川歩き(2月3日のブログをご参照ください)を父としていました。
この日の川は、東京都・神奈川県を流れる『鶴見川』

中流域からテクテクと歩き続け、
まさに河口まで到達した時。
時刻は15時45分。
父がラジオを取り出しました。

なにかを聴いている。

『聴かせてよ!』
イヤホンを耳につけると、高らかなファンファーレと歓声が聞こえてきました。

「この、サンアディユってお馬さんから買ってるんだよ」と父が言ったので、
とにかくサンアディユを応援していました。
どうやら1番人気。強いらしい。

最後の直線コース。
アナウンサーが少し驚いたトーンで実況していました
『ん〜っと!? サンアディユはまだ後ろ!これはダメだ!』


単勝1.7倍。断然の1番人気。
前年のスプリンターズステークス2着と実績十分。が、
サンアディユは、なんと最下位16着。

結果
1着プレミアムボックスは7番人気
2着エムオーウィナーは12番人気
3着ナカヤマパラダイスは6番人気
三連単152万馬券の大荒れレースでした。

後から知りましたが、
サンアディユはこのレースの翌日、
心不全で急死してしまいます。



断然の1番人気が敗れ、大波乱。
何が起こるか分からない競馬の世界に興味を持ったのは、
まさしくこのオーシャンステークスを聴いた瞬間でした。


・・・・・・・・



あの日から約11年。

昨日も、第14回夕刊フジ賞オーシャンステークスが行われました。

結果は
1着モズスーパーフレア 1番人気
2着ナックビーナス 2番人気
3着ダイメイフジ 7番人気

あの時の違って、
まあまあ堅い決着だったのではないでしょうか。


これから先も、オーシャンステークスの日がやって来るたび、
自分にとっての競馬の原点を思い出すことになりそうです。


今日日曜日も、競馬があります。
14時半からの日曜競馬ニッポンでお楽しみください!


競馬は続くよどこまでも。。。
<< back next >>