アナLOG 月 > 煙山光紀 火 > 洗川雄司 水 > 師岡正雄 木 > 清水久嗣 金 > 山田 透 土 > 山内宏明 日 > 宮田統樹
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<<
ショウアップナイター
サッカー
携帯でも楽しめる!
松本秀夫のやぎメール
日曜競馬ニッポン
4月25日
|| 春の祭典、受賞結果発表!
わっしょい!わっしょい!


ども。
39歳・身長157センチ・独身の
洗川雄司でございます。



祭りですよ!祭り!



『ニッポン放送 ラジオパークin日比谷 2017』


ことしもこの季節がやってきましたね。

毎日聴いてくださっている
アナタと直接お会いできる『ラジオパーク』。

いつの間にやら、10年目なんですよ。



ニッポン放送のすぐそば、日比谷公園にて
こんどの週末
4/29(土)・30(日)開催です!!!



小生は…4/30(日)の午前11時15分〜
日比谷公園にれの木広場のステージにて、
師岡正雄アナウンサーとトークショーです。

オジサン2人がステージに上がっても
見栄えはよろしくないかと思われますので、
ゲストとして
『森下悠里』クンと『岸明日香』クンが
来てくれることになりました\(^o^)/



森下悠里クンは90のG。
岸明日香クンも90のG。


ON AIRでは決してできない、
あんなコトやこんなコト、できたらいいなぁ。


ご期待ください。


小生はアナタの味方です。



さて、祭りといえば、
ショウアップナイターもこの4月は、
総額100万円のプレゼントなど、
『プロ野球 春祭り』開催中。

小生も先週は
福岡・熊本・長崎のみなさまへホークス戦の中継、
広島のみなさまへカープ戦の中継、
土曜日は雨天予備のため福岡へ出張。
→日曜日は始発便で帰京して府中にて競馬中継と
怒涛の1週間。


その最終日の日曜日、
競馬中継を終えた後、
小生は猛ダッシュで豊洲へ。


祭りのひとときを堪能してまいりました。


そうです。
某配信会社主催の授賞式、
『ア○ルト アワード 2017』が挙行されたのであります!


セクシー映像業界三大タイトルの一つ。


ことしも美しい女優陣が一堂に会した春の祭典。

WEB投票と授賞式会場の投票により、
以下の通り、決しました。(敬称略)



  優秀新人賞   羽咲みはる

  最優秀新人賞  高橋しょう子

  メディア賞    桃乃木かな

  話題賞      凰かなめ

  最優秀作品賞
   (通販部門・配信部門・レンタル部門)
    
    『グラビア四天王たかしょー
     M○TEKIデビュー 高橋しょう子』

  スペシャルプレゼンター賞
   (プレゼンター亀田興毅)  椎名そら

  特別賞     あべみかこ

  優秀女優賞  明日花キララ

そして…
  最優秀女優賞は…ッ

           三上悠亜!! (*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)



最後のプレゼンターとして
大沢樹生さんが登場。
ア○ルト業界に元男性アイドル。
時代は変わりましたね。



今回、特筆すべきは
デビュー10年目の明日花キララ嬢が
実質2位となる優秀女優賞にとどまったこと。

それでも気丈に

  「近年、ア○ルト業界に風当たりの強いニュースが多いですが、
   私たちは明るく元気に、いつまでも素晴らしい業界を
   盛り上げていきたい」

と、Hカップを揺らしながらスピーチしたのは見事でした。



そして
某国民的アイドルグループ出身の
三上悠亜クンが女王の座に。


 「何をやっても中途半端で、何の取り柄もなかった」


と、アイドルグループ時代を振り返った三上悠亜クン。


 「この業界に転身したときに絶対に何かで1位をとってやると思った」。


昨年はこのステージで最優秀新人賞を受賞。
ことし3月の『ア○ルト放送大賞』でも新人賞を受賞し、
上昇気流に乗ったデビュー2年目。
当初の思いが結実した瞬間でありました。



身長159センチに84のF。
そして持って生まれたアイドルフェイス。
『恵比寿★マスカッツ』のメンバーとして、
ここ半年間の奮闘ぶりを見れば、
今回の受賞も多くのファンを
納得させるものだったのかもしれません。



しかしながら、
そのポテンシャルに安住することなく、

  「国民的アイドルグループの肩書が外れるまで頑張る」

と新たな決意を語った三上悠亜クン。



   ”ファンのために『覚悟』をもって取り組む。”



彼女だけでなく、
各受賞者のスピーチからその思いが感じられ、
すがすがしい気持ちとともに
股間が熱くなった素晴らしい一夜でした。
<< back